carina

casa carinaの広告写真に一目惚れ。守られているなあ、と感じる家

casa carinaは南欧の邸宅をイメージし、無垢材や漆喰、テラコッタを使ったナチュラルテイストの家。その外観の可愛らしさから、一目惚れする人も多いそうだ。

東京のベッドタウン、埼玉県さいたま市にお住みの岩間さん一家も、インターネットで見かけたcasa carinaの広告の写真に惹かれたという。

その見た目に一目惚れ

奥さまの岩間由紀子さんによると、「広告の写真だったと思うんですが、casa carina の家の写真がとても素敵で。室内もカフェみたいでかわいいな、と。その見た目に一目惚れしました」とのこと。

玄関のまわりには美しい花々が咲き、訪れる人の目を存分に楽しませてくれる。玄関を入り、階段を上って扉をあけると、センスよくレイアウトされたフラワーアレンジメントが印象的なリビング空間が広がっている。

「実は casa carina を建てるまではインテリアとかにはあまり興味がなくて、DIY も家を建ててからやるようになったんです。家づくりがきっかけで、そうしたこともすごく楽しめるようになりました」と話した。

暮らしやすさに驚き

一方で、ご主人のcasa carinaに対する考え方はまた少し違ったそうだ。

「主人はこだわりの強い人で、断熱材のこととかもすごく調べていました。そんな主人が、この casa carina は“いいね!”と太鼓判を押してくれたので、安心できましたし、何よりとてもうれしかったです」。

実際に暮らしてみても家のなかの過ごしやすさに本当に驚いた、と由紀子さんは説明。「私も主人も、暑がりで、寒がりなんですけど、この家は、夏はひんやり涼しくて、冬はあたたか。なんだか、家に守られているなあ、と感じています」と語った。

DIYで素敵なインテリア

リビングには、フラワーアレンジメントの講師をなさっている由紀子さんのDIYによる飾り棚やドアのデコレーションなどがたくさん。casa carinaの家の雰囲気とうまく調和している。

肌触りが優しい無垢材の床。小さなお子さんがいても、安心して遊ばせることができる。

「主人の仕事柄、転勤族だったこともあって、近所の方たちとなかなか交流することができなかったのですが、ここに家を建てて、フラワーアレンジメント教室を開くようになってからは、いろいろな方たちとお友達になれて、本当に楽しく過ごせています」と、由紀子さんは話してくださった。

「casa carina」快適の4大法則

高断熱・ハイスペック玄関ドア

玄関ドアに断熱性能の高いドアを採用。通常使われるアルミの玄関ドアよりも高い断熱性能を持ち、外気の温度を室内に伝えず、また室内の温度を外にも逃がさない。

室内温度と家族の安心を守る優れたドアとなっている。

樹脂サッシ+遮熱Low-Eペアグラス

見た目の柔らかさや暖かさだけでなく、性能の高さも実現させた。

従来よりも一回り厚い樹脂サッシを採用することで、一般のアルミサッシよりも約3倍の断熱性能を生み出し、さらに、高い気密性能により結露の発生も抑える。

漆喰

白い壁で気になるのは壁の汚れ。casa carinaでは、白さを持続させるために、太陽の紫外線と反応して汚れを分解するスイス漆喰を採用した。

室内では無垢の木と同等以上の優れた調湿作用を持ち、有害な化学物質も吸収分解。カビやウィルスを殺菌し、嫌なにおいも分解する。

機能性とデザインにこだわった建具

casa carinaでは、建具や建材の素材だけでなく、デザインにもとことんこだわり、今までの住宅にはない、あたたかさ、やわらかさを実現。

ナチュラルな雰囲気を大切にし、自然素材も積極的に取り入れた、機能性とデザイン性を併せ持つ優しい住まいとなっている。

住む人を「守る」家

外観の可愛らしさはもちろん、機能性も優れたcasa carinaは住む人に安心を与える。高い断熱性を持つ樹脂サッシや有害な物質を分解する漆喰など、室内で快適に過ごせる工夫が多く施されている。

実際に暮らしてみると、可愛いだけではないcsaa carinaの魅力にきっと驚くことだろう。ぜひご自身の目や肌で、その実力を体験してみてほしい。

あべまなみ

あべまなみ

新潟県出身、横浜在住のフリーライター。中学時代にサックスを始め、自身もジャズを演奏することから、20歳のアメリカ留学時に単身でメンフィスとニューオーリンズへ。初めての一人旅で自分の可能性や新しい発見に出会える楽しさに気づき、その後「旅」にハマる。

2017年12月現在、渡航国は24カ国。好きなものはお酒といちご。

casa carina

街も心も輝かせる、かわいくて、かしこい家

「こんな家に住みたい」をカタチにしました