自然のそばで、のびのびと暮らせる家。平屋でぬくもりを感じられる空間に

「良い家」を構成するものの要素として、デザインや機能性、空間などさまざまなものが挙げられます。その中でもHさんご夫婦は、「自然」を感じられる家を作りたいと建築家にオーダー。

家にいながらも外の空気を味わえるような、そんな素敵な家に仕上がったといいます。家づくりについて、また実際の住み心地について伺いました。

熱意を聞いて、家づくりを決意

家づくりを計画し、いろんな展示場をいく中でエクシードさんと出会ったHさんご夫婦。
建築家の家づくりを決めたのは、エクシードさんと担当してくださった社長の方から「デザイナーさんとやってみないか」と提案されたことがきっかけだったそう。決め手になったポイントは「社長の熱さが伝わってきたこと」だといい、エクシードさんに頼んでみたいという気持ちになったんだとか。
Hさん自身も元々デザイナー住宅に興味があったこともあり、建築家との家づくりを決意したそうです。

建築家に抱いていたイメージとは違った


家を建てようと思った際に、ハウスメーカーや工務店などの選択肢もあった中で、「建築家」は特にイメージが湧きにくくお堅いイメージを抱いている人も多いもの。

Hさんも今まで建築家に対して「すごくこだわりが強そうで、意見を取り入れてくれないようなイメージ」を持っていたそうですが、実際に会って話してみると「すごく親身になって自分たちの意見を聞いてくれた」とのこと。

打ち合わせも楽しみになるほど楽しかったといい、提案される内容も毎回驚かされるような良い案だったと話します。

楽しみながら打ち合わせ

家を建てたのは市街地から少し離れたところで、裏には山と田んぼがあるような自然溢れた土地。子どもが伸び伸びできる環境を求めて、その立地に建てることを決めたそうです。

最初に打ち合わせをして、2回目でデザインを見たHさんご夫婦。

「初めてデザインを見た時に、外見がいいなって思いました。山がある田舎の方に家を建てたいと思っていて、外の景色が見えて光が入ってくるような家がいいなと思っていたんです」

Hさんが要望したのは、家族の隔たりをなくすために”みんなが集まれるような部屋”。最初に見たデザインで、その点もすでに実現されていたと語りました。

そして、その時に提案されたのは平屋の家。実際に住んでみると導線もとても良くて過ごしやすく、奥様も掃除が楽になったと感じているそうです。

お気に入りは夕焼けの光が入る瞬間

室内のデザインもすごく気に入っているというHさん。「キッチンに立つと外も見えるし、夕焼けが入ってくるととってもいい雰囲気になるんです。そういう景色が気に入っていますね」と楽しそうに話します。

家づくりにおいての反省点はあるかと訪ねたところ、「母親とも一緒に住んでいるので、部屋数が少し足りなかったかもしれない」と回答。

Hさんの要望として、家族みんなが集まれる空間をオーダーしたものの、もう少しプライベートな空間を設けてもよかったかもしれないと語りました。

これからの変化も楽しみな家

木材をふんだんに使って建てた家だからこそ、これからの家の経年変化も楽しみにしているそう。

「徐々に木の色が変わっていく、そんな変化を楽しめるのはとても面白いかなと思っています。そして子どもが成長していった時にも、あまり1人にならずに家族一緒に成長を見られるのかな、というイメージがあります」

終始楽しそうに家の話をしてくださったHさん。これから暮らしていく中で、また新たな楽しみ方や魅力も発見していくことでしょう。