lifestyle

フランスの島「イル・ド・レ」の有機栽培食材にこだわるカフェ「MARLETTE(マレット)」

最近行ったパリの旅で一番気に入ったお店と言える「MARLETTE」。旅の間毎日通っても飽きなかったのですが、今回行けたのは2回だけ。

民泊を利用することが多いので朝食は自分たちで準備するか、食べに行くかしないといけないのですが、パリでの朝食ってそれなりに高く、お気に入りのお店を探すのが大変。朝から気分をあげるため、朝食に何を食べるかはとても重要です。

せっかくパリに来ているのだから地元の人たちに混ざってテラス席(日本人には寒いですが)で食べるのも楽しそうだし、買っておいたものを部屋で食べるのもいいけれど、美味しいコーヒーがなかったり(カプセルコーヒーかな)と、毎回事前に調べたお店や宿泊先の近くをウロウロしながら朝食探しをします。今回みたいにお気に入りを見つけるとかなり嬉しいですよ!

フランスのリゾート地「イル・ド・レ」から生まれたカフェ


フランス西部のラ・ロシェルという町から橋を渡って行くイル・ド・レ (Île de Ré)という島で生まれ育った姉妹マーゴットさんとスカーレットさんがその島で作られる穀物を使い、安心して簡単にできるベーキングミックス商品を開発したところから生まれたお店がMARLETTEです。


こちらのお店で使われている食材は全て有機栽培!小麦粉は島の有機農場で栽培されたものでレシピによって様々な種類の穀物を使われています。塩はこの島で採れたもの、砂糖は有機サトウキビから抽出したもので、精製されていない為ミネラル塩、ビタミン、アミノ酸を含みます。島で揃えられないチョコレートはフェアトレードのものなどを使っています。お店にはスコーン、パンケーキ、マドレーヌ、クッキーなどたくさんの種類のベーキングミックスが販売されていて、出来上がったものもその場で食べることができます。


ショーケースに並んだお菓子はどれもシンプルで素朴な感じでしたが、なんといっても、マドレーヌが大好物の私は迷わずマドレーヌを注文。見た目の華やかさ(いわゆるインスタ映え的なもの)はないですが、食べてびっくりのしっとり感と優しい甘さ。これはかなり美味しい!もっと食べたかったなぁとそればかり思い出します。

マドレーヌとパンケーキのミックス粉は買ってきたので家でも作るのが楽しみです!同じ味が食べられるでしょうか?

アボガドトーストは世界的にブーム!?


普段、日本ではあまり食べないアボガドトーストですが、なんだか美味しそうで注文してみました。薄く切ったライ麦パンに潰したアボガド、ひまわりの種やかぼちゃの種などがのって、半熟卵がとろっと黄身をだしてのっています。見るからに美味しそうで、食べても期待を裏切らない!日本に帰ったらこれ作ってみたいなと思ったぐらいです。アボガドは美容や健康に関心の高い女性に大人気の食材で注目されています。アボガドは不飽和脂肪酸なのでノンコレステロール血液中の悪玉コレステロール値を下げてくれますし、食物繊維も豊富で整腸効果もあると言われています。そしてリノール酸、リノレン酸を含み、お肌の乾燥を守るセラミドを作ってくれ、他にもお肌に良いと言われるビタミンB2、ビタミンB3も豊富に含みお肌をきれいにしてくれるということで女性に人気の食べ物なのです。


今回伺ったMARLETTEはモンマルトルのお店ですがパリに数件ありますので、パリを訪れたら是非近くのMARLETTEへ立ち寄ってみてください!自宅でできるベーキングミックスはボンマルシェの食品館にも置いてありました!

Café Marlette (Martyrs)

営業時間:8:30~18:30(土・日曜日9:30~)
電話:+33 1 48 74 89 73
URL : https://www.marlette.fr
住所:51 Rue des Martyrs, 75009 Paris, France

公門 秋絵

公門 秋絵

オーガニックを取り入れた食卓と暮らしを楽しくする情報を発信するサイト

「cu mondo(クモンド)」編集長

六本松 蔦屋書店にて食のコンシェルジュ(暮らしのコーナー)を担当。自身のブランド「poco a poco」で輸入生地を使った雑貨の製造・販売を行う。

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。