carina

「casa carina(カーサ・カリーナ)」なら冬は暖かく夏は涼しい暮らしが実現!

「casa carina(カーサ・カリーナ)」は天然木の自然素材を使った可愛い住宅である。漆喰の白い壁や高断熱の木製ドアなどが特徴的だ。自然素材にこだわった家には、見た目がとにかく可愛い。さらにおしゃれな外観だけでなく、さまざまな機能性にも富んでいるのだ。四季を通じて快適な暮らしが実現する「casa carina(カーサ・カリーナ)」の機能性とはどのようなものなのか?

真っ白の本漆喰壁は遮熱性にも期待

美しい真っ白な漆喰壁は、casa carina の特徴であり大きな魅力でもある。実はこの漆喰の白さは、日光に反射して高い遮熱効果を得ることができるのだ。真っ白だからこそ得ることができる機能である。住人にとっては、家の中にいても紫外線が気になる人も多いだろう。さらに、遮熱できていないと部屋の温度もどんどん高くなり夏は非常に蒸し暑くなる。漆喰壁の力で遮熱ができることは、快適な住まいのために非常に役立つはずだ。

断熱性の高いドアで快適な室内温度調整が可能

casa carinaで人気の木製のドアは、スウェーデン製で断熱性能に富んでいる。一戸建てに住んだものの、断熱性の低い家は室内にいても夏は灼熱で冬は寒くて眠れないという声も多い。寒さ暑さをしのぐために、冷暖房器具を使う頻度も増えて光熱費もかさばる一方である。ちょうど良い室内温度の家であることは、過ごしやすい上に光熱費の節約にもつながるだろう。casa carinaの木質系高断熱玄関ドアは、四季を通じて快適な室温調整が可能である。

化学物質を吸収分解するスイス製漆喰のパワーで安心の暮らしを

casa carina では、スイス漆喰と呼ばれる自然素材を取り入れている。スイス漆喰には、化学物質を吸収して不快な臭いを分解するパワーが備わっているのだ。近年、化学物質やカビによってシックハウス症候群に陥る住人も増えている。けれども自然素材で作られたcasa carina であれば、そのような症状を発する心配もなく、安心して暮らせることだろう。

カビや汚れが生じにくい健康的な住まいに

体力のない子供や高齢者は、室内に生じるカビや汚れによってアレルギー反応を起こしがちである。発生したカビを吸い込むことにより、喘息を発症するケースも生じているのである。高温多湿の室内では、カビが発生しやすくなる。カビからは有害物質が発生する上に、その臭いも不快である。けれどもcasa carinaで使われている漆喰壁は、水蒸気量を増減して適度な湿度に調節する働きに優れている。その力は無垢の木以上であるとも言われているのだ。その結果、室内の湿気も減少してカビが生じにくくなる。すっきりと清潔感溢れる室内で、健康的に快適な暮らしができるのだ。

可愛くて機能性の高い住まいを探すなら、casa carina(カーサ・カリーナ)が理想的!

真っ白な漆喰壁に、高断熱の木のドア。そんな可愛い「casa carina(カーサ・カリーナ)」は、断熱性にも遮熱性にも調湿性にも優れている。見た目も機能性も双方をマイホームに求めるなら、まさに絶好の家である。南欧風のナチュラルでおしゃれなデザインの住まいで、家族みんなが笑っていられる。そんな憧れのマイホームの在り方を「casa carina(カーサ・カリーナ)」は応援する。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa carina

街も心も輝かせる、かわいくて、かしこい家

「こんな家に住みたい」をカタチにしました