worldarchitecture

フランク・ロイド・ライトの8つの建築作品が世界遺産登録決定!

2019年6月30日から7月10日までアゼルバイジャンの首都バクーで開催された国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会で、旧帝国ホテルなどを手掛け、日本ともゆかりの深い建築家、フランク・ロイド・ライトの8つの建築作品が「フランク・ロイド・ライトの20世紀建築作品群」として世界遺産に登録されることが決定した。フランク・ロイド・ライトは、ル・コルビュジエやミース・ファン・デル・ローエとともに近代建築の巨匠とされ、今年4月9日で没後60年となった。

アメリカ国内の8つの建築作品が対象

ニューヨークのグッゲンハイム美術館

今回世界遺産(世界文化遺産)登録の対象となったのはアメリカ国内の8つの建築作品が対象となった。アメリカでの建築分野での登録は今回が初めてとなる。

8つの建築作品は以下の通り。()内は所在地。

  • グッゲンハイム美術館(ニューヨーク州ニューヨーク)
  • ユニティー・テンプル(イリノイ州オークパーク)
  • フレデリック・C・ロビー邸(イリノイ州シカゴ)
  • タリアセン(ウィスコンシン州スプリンググリーン)
  • バーンズドール邸・ホリーホック邸(カリフォルニア州ロサンゼルス)
  • 落水荘・カウフマン邸(ペンシルベニア州ミル・ラン)
  • ハーバート・キャサリン・ジェイコブス邸(ウィスコンシン州マディソン)
  • タリアセン・ウエスト(アリゾナ州スコッツデール)

周囲の環境と融合するようなデザインが特徴的

アリゾナ州フェニックス近郊のスコッツデールにあるタリアセン・ウェスト

フランク・ロイド・ライトは、生涯一貫してより豊かな人間性の保証に寄与するり「有機的建築」の理想を追求し続け、四方に開ける新しい建築様式「プレーリースタイル(草原方式)」を確立。水平に伸び、自然と一体になった建築は、20世紀の建築デザインに多大な影響を及ぼし、現在もなお愛され続けている。

数々のスキャンダルで賑わせながらも1959年に死去するまで精力的に活動し、生涯に1191にのぼる作品を残し、その内460作品を実現させた。

参考記事:生誕150周年!近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトとは?

将来の追加登録候補に兵庫県の旧山邑家住宅

旧山邑家住宅(ヨドコウ迎賓館)via : Wikipedia.

今回選出された8つの作品以外にも、具体的なことは一切決まっていないものの、将来的な追加登録候補に兵庫県芦屋市の旧山邑家住宅(ヨドコウ迎賓館)が挙げられた。

 

没後60年という記念すべき年に世界遺産登録となったフランク・ロイド・ライトの建築作品。日本では、愛知県犬山市に移設された「旧帝国ホテル正面玄関」や東京・池袋にある「自由学園明日館」を見ることができる。

参考記事:日本で体験できるフランク・ロイド・ライトの建築作品

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。