portland

ポートランドにある世界初のタイニーハウスホテル「CARAVAN(キャラバン)」

アメリカで最も住みたい街と言われるオレゴン州ポートランドは、アメリカの都市としては珍しくコンパクトでクラフトビールやインディペンデント系コーヒースタンドが人気だ。アメリカ西海岸を中心に人気が広がっているタイニーハウスを集め、ポートランドの良さを凝縮したようなホテルがある。

世界初のタイニーハウスホテル「CARAVAN(キャラバン)」

ポートランドのアルバータ地区にある6つの宿泊可能なタイニーハウスを集めた「CARAVAN(キャラバン)」。世界で初めてのタイニーハウスホテルだ。ダウンタウンのエースホテルなどと並んで人気が高く、個性的なホテルが多いポートランドの中でも異彩を放っている。

6つの個性的なタイニーハウス

6つの個性的なタイニーハウスには、どれも快適に過ごすための工夫と楽しくなるデザインが施されている。小さいながらもキッチンや水洗トイレ、シャワーなどの宿泊するのに必要最低限の設備を備える。

The Amazing Mysterium – アメージング・ミステリアム

地元の建築家コリン・バードンによってデザインされたアメージング・ミステリアムは、カスタムメイドのステンドグラスや鮮やかな色のファブリックやタイルキッチンカウンターが特徴的。

高さが調整可能なサスペンションベッドで居住性も高い。

Pacifica – パシフィカ

小さな家の設計を得意とする建築家アイル・ジルによってデザインされたパシフィカというタイニーハウス。渦巻く波打ち際のような屋根と同心円状に広がる模様の杉材の外壁が一際目を引く。

The Caboose – キャブース

列車のような外観のタイニーハウス・キャブースは特に腕の良い職人の手で作られた。

クイーンサイズのベッドに大きな窓を持ち、明るくとても広く感じる。

Skyline – スカイライン

再利用された金属と木材で作られたスカイラインというタイニーハウスは最大4人まで宿泊可能。

外側からは想像できない高い天井を持ち、特徴的なデザインの手すりなどここにしかないデザインに囲まれて滞在することができる。

The Tandem – タンデム

金属製の自転車スプロケットで飾られたタンデムは、いかにもアメリカらしいデザインのタイニーハウス。家庭的な雰囲気はアメリカ人にも馴染みやすい雰囲気だ。

Kangablue – カンガブルー

オーストラリア生まれのベンによって作られたカンガブルーというタイニーハウス。フルタイムの仕事で働いていたベンが週末と夜間に作業して完成した力作。

コミュニティの生まれる共有スペース

6つのユニークなタイニーハウスの中央には簡易的な屋根をかけた共有スペースがあり、焚き火を囲んでゲスト同士の交流が交流したり、ローカルミュージシャンによるライブイベントや世界中から訪れる人達に向けて見学会が開かれたりしている。こういうコミュニティを生み出すスペースはいかにもポートランドらしい。

敷地の外側にはダウンタウンに見られるようなフードトラックもあり、タイニーハウスを隅々まで満喫できるようになっている。

 

量もサイズも大きく大量消費が当たり前のアメリカに置いて、そのカウンターカルチャーとなっているタイニーハウス。ミニマルなライフスタイルをリアルに感じられるのが、ポートランドのこのタイニーハウスホテル「CARAVAN(キャラバン)」だ。

Caravan The Tiny House Hotel – キャラバン・タイニーハウスホテル

電話:+1 503-288-5225
URL : http://www.tinyhousehotel.com
住所:5009 NE 11th Ave, Portland, OR 97211, USA

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa cago

日本人に馴染みある6畳の組み合わせで

お客様が必要な形

必要な部屋数でつくる家