casita

戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」のオーナーになって賃貸住宅経営を始めよう!

賃貸住宅経営に関心を持っていても、経営を始めるにはハードルが高いと二の足を踏んでいる人もいるのではないだろうか。しかし、「casita(カシータ)」はそんな心配を払拭させる新しい賃貸住宅だ。また、気軽に賃貸住宅経営を始められるだけではなく、建物自体の品質も高いので住宅の借り手からの評価も高い。そこで今回は、賃貸住宅経営に関心がある人に向けて戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」を紹介したい。

「casita(カシータ)」とは何か

「casita」とは、大きいメリットと少ないリスクで始められる新しい賃貸住宅経営のことである。最も特徴的なのは、1棟当たりの敷地面積が25坪以上あれば賃貸住宅経営が始められる点だ。賃貸住宅経営を始める時に広い敷地面積が必要であればリスクも大きくなるので、25坪以上という面積は非常に魅力的だ。また、「casita」は長期優良住宅の認定を受ける高品質な住宅であり、大きなコストダウンも達成している。つまり、コストパフォーマンスに優れていて高利回り期待できるので、貸す人にも借りる人にもハッピーな賃貸住宅である。

賃貸で長期優良住宅の認定を受ける意味

長期優良住宅とは古くなるたびに頻繁に家を建て替えるのではなく、良い住宅を建てて手入れをして長く住む社会を目指した「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」のもとで認定されている住宅だ。長期優良住宅のメリットは多く、気密性や断熱性が高いので冷暖房費を抑えられ、震度6強の1.25倍の地震でも壊れないという耐震性を持ち、可変性が高いのでリフォームもしやすい点などが挙げられる。また、いろいろな税制優遇があるので固定資産税や登記代を安く済ませることも可能だ。

つまり品質の高さで借り手にメリットが、税制面で貸し手にメリットがあるということだ。

充実の設備や仕様

「casita」は、設備や仕様が充実しているのも大きな魅力だ。

1950cmから2550cmのゆとりのあるステンレストップのシステムキッチンには、IHクッキングヒーターや混合水栓やシロッコファンのレンジフードが設置されている。また、照明器具・フロアコンテナ・スライド収納棚も備え付けられている。

サッシはYKKのアルミ構造のLOW-Eペアガラスであり、玄関ドアもYKK社製だ。さらに、タイルが敷き詰められたデッキテラスまである。

お風呂は1坪のゆったりサイズであり、もちろん追い炊き機能も付いている。しかも、FRP浴槽やホーロー壁パネルの耐震システムバスで、横長ミラーやスライ

ドバー付きシャワーもインテリア性が高い。洗面台はホーロー製のボウルを採用しているので、お手入れが簡単だと好評だ。

室内の引き戸・細枠などの建具は住友林業クレストの「casita」オリジナルの物を採用しているので、非常にこだわりが感じられる。

フォローやサポートも充実

賃貸住宅は建てるだけではなく、住宅完成後のサポートやオーナーへのフォローも大切だ。なぜなら、完成した住宅に借り手が長く快適に住むことが安定した賃貸住宅経営には欠かせないからだ。メンテナンスやアフターサービスが充実していることで、定期点検だけではなく万が一の住宅のトラブルにも対応してもらえる。また、全国各地の住宅会社が家を建てることで、そのような手厚いフォローが可能となっている。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。