skip

多くの注目が集まるスキップフロア住宅「casa skip(カーサ・スキップ)」

「casa skip(カーサ・スキップ)」が注目されるのは、限られたスペースを活用しての住まいづくりが実現可能だからだ。導入されているスキップフロアは、フロアの高さを半分ずらすことにより、室内空間を広々と見せることが可能な手法である。この工法を応用することで、敷地内にガレージを設けることもできるなど、より自由度が大きくなる。

限られたスペースを最大限に活用!casa skip の新たな提案

casa skip は新しい住まいの提案として、日本国内でも徐々に広がりを見せている。ここまでの支持を集める理由として、限られたスペースを最大限に活用することが可能なスキップフロアの存在が挙げられるだろう。スキップフロアとはフロアの高さを半分だけずらして、交互に組み合わせる設計方法である。中二階の部屋を造ることで、収納スペースも大きく確保することが可能だ。casa skipを応用することで、ガレージを敷地内に設けることもできるなど、間取りの自由度という点でも大きなメリットが期待できる。

casa skipなら実現可能!プライバシーの確保と家族の安心

casa skipの住まいが取り入れているスキップフロア工法の良さは、限られたスペースの有効活用だけにとどまらず、家族の安全や安心への配慮という面でも優れていることだ。casa skipの特徴でもあるのが、扉や壁などで隔たりを設けないことであり、それによって、子供をはじめとした家族の声を聞くことができる。段差によりプライバシーが守られながらも、家族の安心の確認やコミュニケーションの実現も叶う。だからこそ、「カーサ・スキップをマイホームに」という潮流が生まれているのかもしれない。

長期優良住宅基準をクリア

機能性とデザイン性の両面で優れているのがcasa skipだが、国が推奨する長期優良住宅基準もクリアしている。この長期優良住宅基準を満たすためには、耐震性や耐火性に優れていることはもとより、維持管理の容易性なども満たす必要があるのだ。国土交通省がその認定に関わることから、「casa skipは国のお墨付きを得た住宅」といっても良いだろう。

末永く住める!

「子供の成長や家族のライフスタイルの変化に合わせた住空間づくり」ができるのも、casa skipの特長である。各スぺ―スや間取りの変更が比較的自由にできるため、長きにわたって住み続けることが可能だ。

求められる変化にも柔軟に対応!casa skip(カーサ・スキップ)の実力

casa skip(カーサ・スキップ)は、スキップフロア工法を取り入れることにより、家族のプライバシーの確保と安全の確認という両方を実現できる住まいである。また、子供の成長やライフスタイルの変化などに合わせて、間取りを変更することもできるなど、可変性に秀でているのも特長だ。長きにわたって、家族が安心して住めるだろう。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa skip

高低差のあるフロアを交互につなげたスキップフロアの家。

シンプルな外観の中に日常を楽しむ工夫がギュッと凝縮。

広々と心地よく暮らせます。