realestate

不動産投資でも一軒家への関心が高まる!理想的な戸建賃貸住宅の賃貸経営とは!?

戸建賃貸住宅を活用しての賃貸経営への関心が高まってきた。アパートやマンションなどの集合住宅よりも、建設にかかる費用負担を軽減できるというメリットもあるが、何よりも大きいのは、安定した家賃収入が得られる点である。戸建賃貸住宅への入居を希望するのは、小さな子どもを持つ世帯が多く、転居の可能性も少ない。詳細について見てみよう。

一軒家が注目される理由

一軒家の賃貸経営を始める人が増えてきている。不動産投資が注目されるようになって長い年月が経過しているが、どちらかといえば投資対象としてアパートやマンションが多く選ばれてきた。しかしながら、時代の変化とともに、一軒家への関心が高まってきたといえるだろう。一軒家がアパートやマンションなど集合住宅よりも優れている点には、ローコストという点が挙げられる。居室ごとにトイレやバス、キッチンなどといった施設を完備しなければならないアパートやマンションなどの建設コストが嵩むことは容易に推測できる。その上、駅からの距離などの立地に左右されることも多く、その点でも一軒家の方がローリスクだ。

意外に多い!戸建賃貸住宅のメリット

戸建賃貸住宅に対する期待が高まりを見せる理由として、利回りが10%を超えることが普通とされており、アパートやマンションなどの集合住宅のそれを遥かに上回っている。戸建賃貸住宅を選ぶ人の多くが、小さな子どもを持つ世帯であり、保育園や小学校など子どものための施設などから近い場所や閑静な住宅地を好む傾向が高い。この点も駅前などの利便性を重視する集合住宅とは異なる点だ。また、子どもの数が増えたり成長したりしても、戸建住宅であればそのまま住み続けることも多く、長年にわたり安定して家賃収入が得られることにつながっている。

デメリットとは!?

何かとメリットの多い戸建賃貸住宅だが、デメリットが全くないというわけではない。先にも述べた通り、一度入居者を確保してしまえば、長期間にわたって、住み続けてくれる可能性が大きい一方、退去した場合、新たな入居者を見つけるのに時間がかかることも否めない事実だ。また、アパートやマンションなどに比べて、トイレやバス、キッチンなどの修繕や補修にかかる費用も単体でみたときに大きくなりがちである。これらのマイナス面も十分に考慮することも忘れてはならない。

求められる冷静な判断!不動産投資を始める前に

戸建賃貸住宅は利回りが良く、一度入居者が決まれば長きにわたって家賃収入が得られるというメリットがある。しかしながら、一方において、何らかの理由で入居者が退去してしまった場合、次の入居者が決まるまでの期間が長くなるというリスクも否定できない。不動産投資や賃貸経営をスタートするなら、これらの点を考慮する必要がある。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。