milanodesignweek

bud brand が「日本をアップデート-体感と共有-」をテーマにミラノデザインウィークへの出展作品を募集!

「bud brand(バッドブランド)」では、イタリア・ミラノで2020年4月に開催される世界最大規模のインテリアデザインの祭典「Milan Design Week」(以下 ミラノデザインウィーク2020)への出展作品の募集を開始した。新元号を迎えて最初のテーマは「日本をアップデート-体感と共有-」。日本の“今まで”と“これから”を考え、海外からみる日本のイメージをアップデートできるような作品を広く募集。また、グランプリ受賞者を「ミラノデザインウィーク2020」へ招待。

テーマは「日本をアップデート -体感と共有-」

「ミラノデザインウィーク2020」へのbud brand オブジェクトテーマは「日本をアップデート -体感と共有-」。

新元号、ミレニアム世代の成人、東京オリンピック。2020年は、“今まで”と“これから”を考え、それを海外の人へ発信しアップデートするまたとない機会である。多くの人が来日し、日本のモノ・コトを“体感”し、それを周囲へ“共有”していく一年となる。

生活の余白をたのしむもの、伝統からの進化や革新、素材を新たにリデザインしたもの。空気、食料、素材などを取り巻く環境課題からできたもの−。

令和を迎えた日本を既に知っている人も、これから知る人も、この“体感”と“共有”をつなぐプロダクトをきっかけに、日本のイメージをアップデートできるような、アイディア溢れる提案を募集する。

また、グランプリ受賞者を2020年4月開催の「ミラノデザインウィーク2020」への作品出展に加え、デザイナーをミラノの会場へ招待。​

bud brand(バッドブランド)=「つぼみ(bud)+綺麗に咲かせる(brand)」

才能あふれる次世代の日本人クリエイター達が “日本のデザイン”を世界へ発信できる場として、2016年よりミラノデザインウィークへの出展を支援し続けているbud brand プロジェクト。2019年は日本の学生・職人・地域支援に貢献するクリエイターらの13作品を出展した。

高い技術力や日本特有の繊細さ、若く斬新な想像力で世界を目指す若きクリエイター達は、日々”日本のデザイン”に誇りを持って創作に取り組んでいます。日本の“ものづくり”の未来を考えたとき、国内のみならず世界でリアルに情報発信できる場所が必要とされている。

日本DESIGN BANKは、このプロジェクト理念に共感した地場の工務店の協賛とともに、彼らの世界への挑戦を後押ししています。彼らがミラノの街で感じた刺激や世界観が、今後の“日本のデザイン”に「花を咲かせる」「つぼみ」となり得る挑戦である。

bud brand 2020 作品応募について

オブジェクトテーマ:【日本をアップデート -体感と共有-】
応募期日 :2019年7月〜9月30日(月)
結果発表 :2019年10月中 ※予定
応募資格 :《必須条件》デザインが好きであること
《一般》デザイン・建築・プロダクト・グラフィック等を職としている社会人であること。
《学生》デザイン・建築・プロダクト・グラフィック等を専攻している学生であること。
応募要項: 詳細はbud brand公式WEBサイトをご覧ください。
URL : http://www.bud-brand.com/

参加特典:

【グランプリ】ミラノデザインウィーク2020に作者を招待(東京⇔ミラノ)+受賞作品の出展
【準グランプリ】ミラノデザインウィーク2020に作品のみ出展
【奨励賞】ミラノデザインウィーク2020に作品のみ出展

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。