piatto

住みやすさを追求した間取り!魅力的な平屋「casa piatto(カーサ・ピアット)」!

「平屋は一昔前の日本の家」というイメージがあるかもしれないが、「casa piatto(カーサ・ピアット)」はそんなイメージを覆す。デザイン性が高く機能性に優れている平屋「casa piatto(カーサ・ピアット)」は年々注目が集まっている。より過ごしやすい空間を追求した「casa piatto(カーサ・ピアット)」は、いつまでも住み続けることができる、今の時代にマッチした現代的な平屋である。

いつまでも家族が仲良く暮らすことができる間取り

casa piattoは家の中心にLDKを配置していて、家族同士の距離が自然と近くなる。casa piattoには大きく突出した1.1メートルの軒があり、晴れの日はもちろん、雨の日も家族が仲良く軒下に集うことができる。casa piattoに住むと、家族の親睦がより深くなることを期待できる。しかし、家族同士でも個人がプライバシーを確保することは重要であり、子どもが成長すると一人きりになることができる空間も必要となってくる。間取りが工夫されているcasa piattoは個人の部屋もLDKの周りに確保している。中心のLDKからどの部屋にもすぐにアクセスできるcasa piattoは、家族間のコミュニケーションと個人のプライバシーの両方を大切にする間取りとなっているので、いつまでも家族が仲良く暮らすことができる。

最大限に活用される平屋の空間

平屋には2階がない分、階段下などのデッドスペースも生じないところが魅力である。casa piattoはそんな平屋の良さを活かした間取りとなっている。家の中をスムーズに移動しやすいデザインとなっているので、ストレスを感じにくい。荷物が増えてきても、casa piattoには家の約15%を占める大収納スペースがあるので、家族の思い出の品なども多く残しておくことができる。室内の天井と屋外の軒には同じ素材が使用されていて同じ色合いでつながっているので、非情に開放的なデザインとなっている。天井高は2.4メートルで、LDKは30センチ高い折上天井となっているところも空間の広がりを感じさせる。

安心で暮らしやすい構造

家を建てる時に気になる点が耐震性であるが、2階がなく重心が下にある構造の平屋は耐震性に優れていて倒壊しにくく、地震の多い日本に適している。それだけでなく、casa piattoは防犯性にも優れている。casa piattoは基本的にリビング以外の居室には幅わずか21cmの縦長スリット窓を採用している。21センチの幅しかない窓から不審者が侵入することは物理的に不可能だが、風や光は十分に通してくれる。玄関にも屋根がついていて、雨の日でも荷物の搬出がしやすい点も、casa piattoの特徴である。

最強の平屋「casa piatto(カーサ・ピアット)」!

家族がいつまでも心地よく住むことができるように工夫された平屋「casa piatto(カーサ・ピアット)」。開放的で安心できる暮らしを保証してくれる「casa piatto(カーサ・ピアット)」は、現代人のニーズを十分に取り入れている。おしゃれな外観も魅力的な「casa piatto(カーサ・ピアット)」は、従来の日本にある平屋から進化を遂げた、最強の平屋であると言うことができる。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa piatto

ひとりでも、ふたりでも、家族でも、

ずっと心地よく、ずっと過ごしたくなる。