amare

美しい日本の家「casa amare(カーサ・アマーレ)」が愛される理由

無駄のない端正なフォルムで、私たち日本人を魅了する「casa amare(カーサ・アマーレ)」。伝統美を感じさせる外観に、最新技術を駆使して造られた内装は、見た目の美しさと暮らしの快適さの両立を実現した。だが、「casa amare(カーサ・アマーレ)」が永く愛される理由はそれだけではない。では一体、他にどんな工夫が詰まっているのだろうか。愛される理由を紐解いていこう。

 

日本の美の原点である「大和比」に心奪われる

建築の美しさは細部の繊細さはもちろん、見た目の安定感からも感じ取ることができる。人は不安定なものに対しては危機管理能力が察知し、あらゆる想像が働いて恐怖心に駆られるものだ。そんな安定感を感じさせる理由が「白銀比」もとい「大和比」と呼ばれる黄金比である。

大和比はエジプトのピラミッドやギリシャのパルテノン神殿に使われた黄金比と並ぶ比率で、最も美しい安定した形を生み出すと言われている。奈良の法隆寺など、古くから日本の建築や生け花、彫刻に用いられてきたことから、我々日本人の心に沁みついている。そんな大和比を住まい創りに活用したのが、casa amareなのだ。

後世まで遺すことを考えられた設計

平屋でもない、ただの二階建てでもない独特な設計で後世まで遺すことを考えたcasa amareは、間取りの変更が可能な二階建てを実現した。生活に必要な機能面はコンパクトに一階部分にまとめ、二階を趣味部屋や仕事スペース、収納などに対応できるようにしている。子供の成長や家族のライフスタイルに合わせて使い勝手よく考えられた設計が、casa amareが愛される理由の一つでもある。

風景に溶け込む無駄のない外観

大和比の採用によって端正なフォルムを叶えた外観は、驚くほど日本の風景に馴染む。とくに自然の多い地域であれば日本庭園さながらの趣を感じさせてくれるだろう。

庭には御影石が並び、玄関までの道のりを上質な空間に演出してくれる。夜になれば一家団欒の明かりが内障子から外へ柔らかく漏れ、辺りを優しく包み込むだろう。見た目の美しさだけでなく、風景に溶け込む空間美まで実現できるのが強みだろう。

吹き抜けが家族のコミュニケーションを豊かに

1階と2階を繋ぐ吹き抜けが、離れた場所にいる家族のコミュニケーションを豊かにする。一般的な住宅では隔てられた壁や扉のせいで家族の声が行き届かず、フラストレーションが溜まりがちになってしまう。しかし、吹き抜けがあることによって家族の賑やかな声が家中に響き、自身のタイミングで会話に入ることができる。家族の暮らしを尊重した設計が、円滑なコミュニケーションと開放的な空間を実現したのだ。

casa amareで快適な暮らしを

外観は日本家屋を彷彿とさせつつも、内装は最新設備で揃え永く住みやすい環境を実現した「casa amare(カーサ・アマーレ)」。随所には、多くの家族に愛される納得の理由があった。ぜひあなたも検討してみてはいかがだろうか。

キタトモミ

キタトモミ

東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。

「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。

見たことないもの、食べたことないもの、未知なるものを自分の体で確かめることにワクワクします。

casa amare

日本の伝統美を手本にした

「受け継がれる家」