carina

「こんな家に住みたい」をカタチにしたcasa carina(カーサ・カリーナ)。その可愛さの理由は

新しく家を建てる時、機能性や安全面は考慮したいところ。室内の空気循環、地震が起きた際の耐震性など、必要な確認項目は盛りだくさんだ。

それと同時にこだわりたいのは、やはりデザイン性。機能がいくら充実していても、見た目が気にいるものでなければ、せっかくの我が家も愛着がわかない。

casaシリーズのcasa carina(カーサ・カリーナ)は、南欧風のナチュラルテイストの家。きっと一目見たら、その可愛らしさに心惹かれるはずだ。

ところどころにタイルが使われている

casa carina(カーサ・カリーナ)には、さまざまな場所でタイルを見つけることができる。たとえば、階段。普通の階段でも良いのだが、階段の一段一段のスペースに小さなタイルが敷き詰められているだけで、可愛さが増す。

キッチン・トイレの床にもそれぞれがタイルが。少し気分が上がるだけでなく、掃除しやすいのも嬉しい点ではないだろうか。

そして、お客様を迎える玄関は曲線のあるデザイン。足元を見ると、玄関の床にもタイルが使われている。家に入った瞬間、きっとお客様は「普通の家とは少し違うかも」と感じるだろう。玄関からも特別感が溢れ出している。

天然の木が使われている

床や飾り棚には、天然の木を使用。温かみを感じられるだけでなく、ナチュラルな雰囲気を演出しています。子どもたちが室内を裸足で安心して生活できるのも、嬉しいところだ。

そしてcasa carinaでは、建具や建材の素材だけでなく、デザインにもとことんこだわっている。今までの住宅にはない、あたたかさ、やわらかさを実現した。

ナチュラルな雰囲気を大切にし、自然素材も積極的に取り入れた、機能性とデザイン性を併せ持つ優しい住まいとなっているのだ。

窓は上げ下げできる窓

普通は、横にスライドする窓が一般的。しかし、casa carina(カーサ・カリーナ)では、ここに一工夫。上げ下げできる窓を取り入れることで、また従来の家とは違う雰囲気になっている。

ありそうだが、なかなか他の家でも見かけることがない上げ下げ式の窓。きっと初めてcasa carina(カーサ・カリーナ)に足を踏み入れたお客様は、目を留めるだろう。

また可愛らしいだけではなく、機能性も充実。従来よりも一回り厚い樹脂サッシを採用することで、一般のアルミサッシよりも約3倍の断熱性能を生み出し、さらに、高い気密性能により結露の発生も抑えている。

おしゃれな雑貨屋で見るようなアンティーク照明

備え付けの照明はなんだか味気ない。照明のデザインにもこだわりたい人は、お気に入りのものを後から買い足すだろう。でも新しく買うとなると、備え付けの照明はどこに収納する? 部屋のテイストに合うだろうか? と心配な点も出てくる。

しかし、casa carina(カーサ・カリーナ)ならもともとアンティーク照明が備え付けられている。おしゃれな雑貨屋さんで使われているような、デザイン性に凝ったものや花のような可愛らしい形をしたもの。全てが部屋のデザインと合わせて考えられているため、もうすでに完成されているのだ。

温かい光が家を照らし、明るい空間で過ごすことができるだろう。

屋根には南欧風の瓦を使用

casa carina(カーサ・カリーナ)の工夫は、屋根にも隠されている。普通の瓦でも問題はないのだが、あえて南欧風の瓦を使用。周りの家と比べて見ても、ひときわ可愛さが際立つだろう。

「こんな家に住みたい」をカタチに


デザインにこだわり、機能性も充実させ「こんな家に住みたい」をカタチにしたcasa carina(カーサ・カリーナ)。一目惚れする人も多いというこの可愛らしい家は、隅々に施された工夫によって作られたもの。ぜひこの可愛らしい家にお気に入りの小物やインテリアを加えて、自分らしい家づくりをしてほしい。

きっと自分の家が大好きになり、家に帰るのが楽しみになるはずだ。

あべまなみ

あべまなみ

新潟県出身、横浜在住のフリーライター。中学時代にサックスを始め、自身もジャズを演奏することから、20歳のアメリカ留学時に単身でメンフィスとニューオーリンズへ。初めての一人旅で自分の可能性や新しい発見に出会える楽しさに気づき、その後「旅」にハマる。

2017年12月現在、渡航国は24カ国。好きなものはお酒といちご。

casa carina

街も心も輝かせる、かわいくて、かしこい家

「こんな家に住みたい」をカタチにしました