realestate

戸建賃貸住宅の賃貸経営は、土地活用の有効な選択肢の一つである。

土地活用といえば、盛んにCMなどでアパート・マンションなど、特に賃貸経営受託形態による運用を勧めるものが有名であるが、土地活用は何もアパートやマンションがすべてではない。戸建賃貸住宅を建てて運用するということも有望な活用方法なのであり、そこには、マンションにない利点が数多くある。

では、土地活用における戸建賃貸住宅の特長について、見ていきたいと思う。

物件供給量が絶対的に少ない

賃貸物件において、一戸建て物件はアパート・マンションに比べて圧倒的に少ない。これは、競争相手となる物件が少ないということを意味するが、逆に需要はどうかというと、実際のところ、意外と需要があるのである。

つまり、需要の割に供給が少ない物件であるということは、比較的に客付けがしやすいというのがメリットである。

さらに、集合住宅ならば必ず付いて回る、管理組合や管理会社等によるリノベーションへの縛りといったものもないので、顧客のニーズに合わせて物件を提供するといった芸当も可能であるので、こうすることで、より顧客を獲得しやすくすることもできる。

集合住宅を建設できないような土地でも活用可能である

これから新たに土地活用を考えている方は、相続などにより、基本的に活用したい土地が既にある……と考えて差し支えないだろう。手持ちの土地は、立地、面積、形状により、アパートやマンションを建てて運用したくても、それができない……といったこともあるかもしれない。そんな土地であっても、一戸建て物件なら建てられるというのも大きなメリットである。

これを単に建売として売ってしまうのではなく、賃貸経営するのである。前項で述べた、一戸建て賃貸物件の客付けのしやすさという利点の他に、一旦付いた顧客が長期にわたって住む傾向も全体的に見られるため、こうした土地でも安定した賃料収入を長期にわたって得ることが可能になってくるのである。

戸建賃貸住宅の経営を成功させるコツは?

戸建賃貸住宅のメリットは、なんといっても、顧客のニーズに対して柔軟に対応できる点がアパートやマンションにはなかなかない魅力である。

この利点を活かし、顧客に対してアピール力のある物件にすることで、他の物件と差別化を図り、顧客獲得に結びつけたい。また、長期的に戸建賃貸住宅から利益を出し続けるために、定期的な点検や修繕は怠らないことが大事である。

特に、一戸建てはマンションなどに比べて修繕にかかるコストが高くなりがちなので、ここは日頃から丁寧なケアが不可欠である。普段から物件のメンテナンスをしっかりとしておくことで、借主の退去時の修繕コストを抑えることができ、結果的に全体として費用を安く済ませることができるのである。

土地活用は、その土地の条件に合わせた柔軟な発想で!

ここまで見てきた通り、土地活用の1つの選択肢として、戸建賃貸住宅としての運用には、アパート・マンション経営にはない特長がある。手持ちの土地の条件にもよるが、特長を活かせば一戸建ての賃貸経営も有効な活用法になり得るのである。

土地を有効活用するための一つの手段として、アパート・マンション経営だけではなく、戸建賃貸住宅としての運用という方法も、検討の選択肢に加えてみてはいかがだろうか。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。