sole

エコな住宅「casa sole(カーサ・ソーレ)」は、強い構造が家や家族をしっかり守ってくれる。

エネルギーの消費を最小限に抑え、かつ必要な分は生み出すという発想で一年を通して快適に過ごすことができる「casa sole(カーサ・ソーレ)」。エコで地球にもそこに住まう家族にも優しい「casa sole(カーサ・ソーレ)」は、高い断熱性能で必要以上に冷暖房を使うこともなく、気候の変化の激し日本の環境からも家族の暮らしを守ってくれる。

地震にも強い、頑丈な「casa sole」

そんなcasa sole は、躯体自体が強い構造を持つため、地震にも非常に強い。地震大国である日本に建つ住宅としては、とても重要なことである。

casa soleは、建物がどの程度の地震に耐えられるかを示す等級を表す耐震等級で、木造では最高ランク「耐震等級3」をクリア。数百年に一度発生するような震度7クラスの大地震でも、倒壊・崩壊しない対策を施している。壁や柱を多く使い補強する従来の方法ではなく、強度の高い構造用素材や壁パネルを使用し、広々とした快適な空間を作りながら、耐震性に優れた住宅を実現した。

耐震性と耐久性にすぐれた構造用素材を使用

casa soleは、構造用素材として「LVL JWOOD」という耐震性と耐久性にすぐれたものを採用した。このLVL材は、建築基準法とJAS(日本農林規格)で性能が定められたJAS認定の高強度の構造材で、梁の折れにくさを表す曲げ強度やせん断強度で他に比べて10~20%の高い数値を実現。

製造段階で高圧のプレスをかけて高強度となったLVL材は、他の木材と比較して、衝撃を受けた時に土台に対してのめり込み量が少なり、めり込みに対する高い性能を確保した。建築基準法定められためり込み強度を大きく上回っている。

断熱材が一体となった高性能パネル

国土交通大臣認定を取得した「壁倍率3.9パネル」を壁パネルを採用したcasa sole。熱に強いフェノール樹脂材の断熱材が一体となっていて、筋かいや構造用合板を使わずとも、従来の壁パネルの1.5倍~2倍の強度を持つ高耐震で、さらに高断熱という高性能パネルとなっているため、窓のように外に接する開口部を広く、多く設けられるので自然の光もたくさん取り入れるのが大きなメリットだ。

※壁倍率とは建築基準法で定められた、壁パネル(耐力壁)の強さを表した数値。壁の仕様によって数値は異なるが、壁倍率5が上限値となる。

制振ダンパーで「耐震+制振」

casa sole では、オプションでビルシュタイン社の住宅用制振ダンパー「evoltz(エヴォルツ)」を取り付けることも可能だ。制振ダンパーは、家の構造部材が損傷する前に大きなブレーキかけ、地震による揺れを吸収する役目を持つ。地震の衝撃を軽減させ、あなたの家や家族を守ってくれる。

 

エコな住宅「casa sole(カーサ・ソーレ)」は、地震にも強い、頑丈だ。緻密な設計や色々な工夫が施されていて、その強い構造が家や家族をしっかり守ってくれるだろう。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa sole

エネルギーを極力使わず、エネルギーを生み出し

永く暮らせるための今、もっともECOな家。