本当に理想の家を手に入れたいなら建築家と家づくり「design casa(デザイン・カーサ)」

オーダーメイドの家づくりができる「design casa」。家族のかたちや理想の暮らしは人それぞれだからこそ、住う人に寄り添って実現させる「オンリーワンの家づくり」。年間200ファミリーの選ばれるその理由とは一体!?

建築家との家づくりで憧れの暮らしを実現する

一生に一度の家づくり。家族のかたちや暮らし方はそれぞれ違うのだから「注文住宅」を選択肢に入れるのも良いだろう。

注文住宅とは、建築家と創りあげるオンリーワンのオーダーメイド住宅のことを意味する。つまり、建築家と一緒に、家族の夢や希望を「家」というかたちで実現していく家づくりだ。

家は人生のうちに何度も建てられるものではない。だからこそ、家族にとって「本当に良い住宅」をつくることは、贅沢ではなく、必然なのではないだろうか?

あなたの想いを形にする建築家

建築家との家づくりとは「何もないところから作り、生み出すプロセス」である。デザインと間取りのプロである建築家が、暮らす人と話をする中から「条件」や「本当に実現したいこと」を見つけ、頭に描いたイメージ以上の提案をする。

家には、「選ぶ」ことでは解決できない問題がある。例えば、ハウスメーカーの家に住む「自分」をイメージできない・特殊な条件がある・小さい土地や変形した土地に家を建てる予定・デザインにこだわった家が欲しいなど。建築家は、そういった様々な問題を解決しながら想いを形にしていく。

建築家と実現した幸福な住まい

design casaでは、建築家と一緒に、家族の絆が深まるような家、美しい家、友達が集まってくるような家など、満足感でいっぱいの家づくりを可能にしている。それでは早速、design casaで建てた実際の建物を元にどんな暮らしスタイルが実現したのか、実例を見ていこう。

建築家らしいデザイン性の高い家

斜面というデメリットをうまく使い、スキップフロアで奥行きのある空間に仕上げたモダンデザイン。景観に馴染むよう、落ち着いたコントラストの外観は、スクエアで構成された個性的なデザインが美しく映える。

そこにある立地や家族の暮らし方を元に最善の間取り設計を建築のプロが提案をする。だからこそdesign casaは「自分らしく住まう」ということが実現するのである。

例えば、「ピアノを置きたい」という希望がまずあったという家族のために「ピアノを軸に家を考える」スキップフロアの設計を採用した家。南の明かりが美しく差し込み、まるでスポットライトを浴びたステージのような空間は、気持ち良くピアノを弾く奥様の「特別な舞台」へと変化している。

建築家と一緒に考えた今までにない住まい方ができる家

2階に設けたLDKと繋がる広々バルコニー。休日にゆっくりお茶を楽しんだり、友人を誘ってホームパーティーを行ったり、自然を感じられる空間は、家族みんなのお気に入りの場所。

2階アウトドアリビングのある家は、外からは見られていないがこちら側からは自然がふんだんに感じられる環境が広がる。

家族の生活リズムを聞いて採用したという、パパと子供達のための「俺たちの秘密基地」。玄関付近に思わず勉強をしたくなるような男性的なワークスペースを設けることで、小学生の子供達が自分から席に向かいたくなる仕掛けを作った。

人気の平屋も建築家と作るとワンランク上の住まいに


「古い日本の家」のイメージがある平屋も、建築家と作るdesign casaの家なら美しく機能的で現代的に生まれ変わる。実は、平屋住宅の設計は1フロアだからこそ「空間づくり」がとても難しい。だからこそ、その立地に合わせて緻密な設計をする建築家が重要な役割を担っている。

design casaが自信を持ってタッグを組む建築家の巧な設計は、間取りそれぞれの空間同士が分離することなく、また重なりすぎることもなく「丁度良い繋がりで連なっている」。だからこそ、家全体のバランスがうまく取れている。

まだまだ日本では珍しい土間空間のある暮らしも、古き良き和を感じさせるデザインと、機能性を備えた温かみある木質の素材がうまく溶け込む。絶妙な心地良さへと繋がるデザインは、家族が自由設計・注文住宅という建築方法を選び、建築家と一つになって考え形にしたからこその傑作だろう。

建築家との家づくりをもっと身近にするdesign casa

建築家と家を建てることは、長く住み続ける家だからこそ「本当にいいものを手に入れたい」と思うのであれば、決して贅沢な選択ではない。design casaでは、もっと建築家と家を建てることを身近に感じてもらえるよう、以下のことを約束している。

スタイリッシュでありながら飽きのこないデザイン

強さと美しさ、そして“家族らしさ”を反映させたオリジナリティあふれる住まいをご提案。家族それぞれの想いの詰まったデザイン空間を建築家の鋭い感性によって生み出している。

最適なプランで設計する間取り

家族構成やライフスタイルは、住まう人それぞれ。だからこそ、家族それぞれの生活スタイルを反映したストレスの少ない動線を確保することはもちろん、暮らしの変化やお子さまの成長を見据えて間取りを考える。

耐久性や使いやすさを兼ねた設備

時にはインテリアとしての顔を持つ設備器具は、その個性を生かすこともデザインのひとつだ。毎日使うものだからこそ気持ちよく、いつまでも快適に使える優れた設備を提案する。

照明だけで終わらせない、照明でデザインする空間

インテリアとしての一面も持ち合わせる照明は空間の雰囲気を左右する大事なアイテム。だからこそ、照明1つ1つにも気を配り、家族のライフスタイルに合わせた提案をする。

想像を「超える」ようなプランを提案

経験豊かな建築家はアイデアも豊富。プロの目線でよりよい家づくりをアドバイスするdesign casa。建築家が直接お客様から話を聞き、プランを作成することで、もっとも適した暮らしスタイルをカタチにしていく。

建築家の目で厳選するマテリアル

床や壁、天井などの色合い・素材感はバランスが大切だ。だからこそ慎重に選びたい素材やカラーは、建築家のプロの目で最適なものを選び、家全体を美しくコーディネートする。

暮らしに寄り添うエクステリア

エクステリアも家の一部です。使い勝手を意識しながら、住まいを「引き立てる」。そんなエクステリアは、家の一部に違いない。design casaでは、エクステリアも含めてトータルコーディネートした暮らしを提案する。

納得の価格で最高の住まいを提案

予算にもメリハリをつけ、無駄なコストを減らしたい。それは、家を建てる家族だけでなく、実際に手掛ける建築家たちも同じ想いだ。だからこそ、予算やコストプランニングにも手を抜くことはない。さまざまな工夫を凝らして「理想の家」を「理想のコスト」で提案する。

design casa を手がける建築家達

実際にdesign casaで建築設計を担当するプロフェッショナルとはどんな者達なのだろうか?design casaを支える9人の建築家にその思いを一言コメントしてもらった。

内山里江  / comodo design architectural design office

表面的な設計手法に惑わされず、
深く本質を見極めて構造物のポテンシャルを最大限に生かしきることが
建築家としての使命だと考えています。
中心となる人を安全で快適に、さらに幸せに…。
さりげなく存在感のある建物を創り続けていきたいと考えています。

敷浪一哉 / シキナミカズヤ建築研究所

僕がデザインするのは「暮らし」です。
今の暮らし、これからの暮らしを整理してあげることで、
住むべき家を模索します。
空間の中では、「陰」をつくることに気をつかっています。
それは、光を際立たせるための「陰」でもあり、
暮らしの中で一人でこもれる場所としての「陰」でもあります。

深瀬ヤスノリ / blue flag architect office

固定観念から生まれた価値観を新たな価値観へとシフトする
自分らしく住まうということは
“新たな価値観を持ってもらうこと、そのきっかけをつくること”
これこそがものづくりを通して、ぼくの伝えたいことなんです

井本将太 / studio blueprint

僕がデザインさせて頂く時に考えていることは「面白さ」です。
奇をてらう面白さではなく、相反する矛盾からくる面白さ。
効率も求める中に非効率を、便利の中にちょっとした不便を。
ちょっと面倒だけど日々の暮らしの中でていねいに自由に暮らせるような
家づくりを目指したいと思っています。

森下博視 / 一級建築士事務所 plus design office

日々の暮らしの中で、ふとした時にうまれる「和らぎ」を大切にしています。
住まい手ごとに異なる多様な価値観を整理し共有を行い、
暮らしの中に落とし込むことで、
住まい手にとって心和らぐ空間を創造していきます。
暮らしの中にある1つ1つの和らぎが、
住まい手をより豊かな心にさせてくれると考えております。

森章郎 / MOAdesignworks

more think , more fun! をモットーに
より良いモノ・デザインを追求して日々考える
デザイン設計事務所です。
生活空間から日常のものまで、デザインで
もっと楽しくなる暮らしの提案を行います。

駒井陽次 / 株式会社Style-A  一級建築士事務所

その人“らしさ”、その家族“らしさ”、その場所“らしさ”。
この“らしさ”(=スタイル)を大切に、
いつも家をデザインしています。
“らしさ”を詰め込んだ家は、
家族みんなの楽しみや夢がいっぱいの宝箱となります。

松浦伸一郎 / MADo一級建築士事務所

「全てのデザインには理由がある」
それは“住まい手”であるお客様自身の想いが、
建築家という“フィルター”を通して造形されたものだからこそ
「魂」が宿り「価値」が生まれます。
今までうまく言葉にできなかった「暮らす」を作りませんか?
私といっしょに。

吉野伸一 / スタジオキチ合同会社

10年後、30年後、変化していくライフスタイルにも変わらずに、
お家への愛着をもってほしい。

一人ひとり違うライフスタイルから、その人にとって魅力的な住まい方を、
寄り添いながら一緒に探していきます。

「ここが好き。」「この場所がいい。」
誇れる家づくりをお手伝いします。

design casaが選ばれる理由

美しく、使い勝手が良くて、機能的な理想のマイホームを手に入れたい。そんな理想をカタチにするdesign casaは、自分たちでは思いつかないアイデアを「建築家」のサポートで形にしていく。これが年間200ファミリーに選ばれた一番のポイントであろう。

建築家と建てる注文住宅と聞くと「高い」というイメージがあるが、建築家と建てる家の建築価格は決まっていない。だからこそ、ハイランクだけでなくリーズナブルまで予算に合わせた建築ができるのも嬉しいポイント。design casaは、1,000万円台から予算の範囲内で「建築家と創るオーダーメイドの住まい」を叶えている。

全国の選ばれし建築家に「どんな家にしたいか」をなんとなく伝え、最後は理想の家になるという魔法の家創り。それが実現できる家づくりこそdesign casaだ。

「一生に一度。ならば営業マンと作る家より建築家と建てる家を。」

センス、実力、会話のスキルを満たす 「一緒に歩みやすい」建築のプロだからこそ提案できる、デザインとオーダーメイド+αのアイデアを堪能してみてはどうだろうか?