casita

戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」が驚異の入居率99.37%を実現できる6つの訳。

「casita(カシータ)」は、驚異の入居率99.37%を実現する戸建賃貸住宅である。2017年7月時点で、160棟中159棟が入居中で1棟はモデルハウスとして使われていて、日本全国のオーナーさんから多くの支持を集めている。

ではなぜ、入居率99.37%という驚異的な入居率を実現できているのだろうか。

1.高利回りであること

casita は、戸建賃貸住宅であることの希少性だけでなく、デザイン性が高く、高クオリティな住宅であることから高い家賃設定が可能だ。そのため、アパートやマンションのような集合住宅だけでなく、同じ戸建賃貸住宅と比較しても高い利回りが期待できる。

2.低コストで運用できること

高いクオリティを誇るcasita だが、徹底したコスト管理から非常にリーズナブルな初期費用で実現できる。戸建賃貸住宅であるからアパートやマンションのように共有スペースが少なく、管理費用やメンテナンス費用も少なくて済む。また、長期優良住宅の認定を受けているcasita は、機密性や断熱性が高く建物自体も最低限度のメンテナンスで、ランニングコストも抑えることができる。

3.流動性が高いこと

賃貸経営をし始めたとして、急にキャッシュが必要になったり、他に魅力的な資産運用の目処がたったりすることがあるだろう。casita は、需要に対して供給が少ない戸建賃貸住宅なので、物件の売却や他の資産運用など、将来のリスクに柔軟に対応できるのが嬉しいところだ。

また、アパートやマンションのように2つや3つに分割することが難しい賃貸住宅に比べて、土地ごと分割することができるので遺産相続時にも有効だ。

4.柔軟性が高いこと

1棟あたり25坪以上の土地があれば、気軽に賃貸経営がはじめることができるのがcasita だ。アパートやマンションであれば、広くて条件の良い土地が必要だが、戸建賃貸住宅は、1棟づつ敷地に対して柔軟にレイアウトして建てることが可能で、有効な土地活用ができる。

5.低リスクで運用できること

casita は、イニシャルコストもランニングコストも最小限で運用することができるだけでなく、希少性の高い戸建賃貸住宅であるため投資金の確実な回収が可能だ。また、売却などの出口戦略を考えられることも低リスクであることの証明である。

6.高稼働率を実現できること

需要に対して圧倒的に供給数が少ない戸建賃貸住宅は、空室リスクが非常に低い。また、高いデザイン性と高いクオリティを誇るcasita は、高い家賃設定を実現できるため、入居者のクレジットが高く、入居期間も長いケースがほとんど。新築で建てたときだけでなく、将来に渡っても高い稼働率が期待できる。

 

戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」は、これまでの賃貸経営とは一線を画す住宅である。不動産投資だけでなく数ある資産運用の中でもベストな選択肢の一つとしておすすめできる。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。