amare

日本の伝統的な美しさと機能美が融合した家「カーサ・アマーレ(casa amare)」

日本の家々はめまぐるしく姿を変え、多様化している。だが、日本には、長い年月をかけて、美しく、機能性に富んだ「住まい」のかたちをつくり上げてきた風土や文化がある。日本の家には時を経るごとに風合いを増す木の柱や床、光をやさしく取り込む明かり障子など、美しいもが数多くあり、テクノロジーの進んだ現代においても十分に生かすことのできる実用性がある。

そういった日本の美しさや機能美が融合した家がありえるのではないだろうか?そんな疑問に答える日本の家がある。商品住宅「カーサ・アマーレ(casa amare)」だ。

日本的な美の原点「大和比」から生まれたデザイン

エジプトのピラミッドや古代ギリシャのパルテノン神殿に使われた黄金比と並んで、最も美しく安定した形を生み出すと言われる比率、白銀比を知っているだろうか?奈良の法隆寺や大阪の四天王寺の伽藍、金堂など、古くから日本の建築や彫刻、生け花などに用いられてきた比率で「大和比」とも呼ばれている。その「大和比」を取り入れることで家全体のバランスを取り、casa amareの端正な佇まいを作り出している。

伝統美と最新のテクノロジーから生まれた商品住宅

casa amareは、屋根材には耐久性の高い「ガルバリウム鋼板」を採用、構造を支えるのは「ハラテック21」という金物で、耐震性と耐久性を確保。断熱・気密性能においても次世代の省エネ基準をクリアする。それら最先端のテクノロジーと伝統美を融合し、注文住宅以上の品質と規格住宅以上のコストパフォーマンスを追究。100年単位で、美しさと心地よさを作り出している。

フレキシブルな「遺す」ための家

日本古来の伝統美を実現した「大和比」から生まれた切妻の端正な外観。casa amareでは平屋的な美しさを確保しながら間取りの変更も可能な二階建ての住まいになった。普段の生活に必要な機能は一階部分にコンパクトにまとめ、来客や、収納、あるいは趣味のためのスペースとして二階も有効に活用する。必要なときになったら間取りも変えることができるフレキシビリティを持ち、次の世代の使い勝手まで考え抜かれている。

 

「大和比」を使った美しいフォルムは日本の風景に溶け込み、愛着ある家になる。その快適な住まいは、フレキシブルに間取りも変更できるし、耐久性も高い。casa amareのような美しい家が残っていけば、日本の風景もより美しくなるに違いない。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa amare

日本の伝統美を手本にした

「受け継がれる家」