housebuilding

建築家と家づくりをすることで期待できる大きなメリットとは!?

建築家とはハウスメーカーや工務店に属しておらず、個人で設計事務所を構えて仕事をしている人のことである。家は人生の多くの時間を過ごす場所。居心地の良さやデザイン、費用等人それぞれ重視するものは異なるが、できれば満足のいく家に住みたい。建築家と家づくりをすることによって、より希望に近い家づくりを実現することができる。

デザイン性の高い家づくりをすることができる

ハウスメーカーや工務店との一番の違いは、デザイン性の高さである。周囲の環境や、建て主の今と将来等を視野に入れながら、個性的かつ洗練されたデザインを提案してくれる。建築家によってデザインの方向性等が多少異なる場合があるので、その建築家が過去に建てた家を確認しておくとイメージがつかみやすくなる。重要なのは建築家と二人三脚で家づくりをしていくということである。頭の中のイメージをまとめて、より具体的な言葉にして伝える、写真や絵を見せる等の工夫をすることで、建て主の案にプロの技術が加わり、より満足度の高いデザインに仕上げることができる。

オーダーメイドの設計ができる

建築家に依頼することで、ハウスメーカーや工務店よりさらに自由度の高い設計をすることができる。一般的に、ハウスメーカーでは自らの規格に沿わなければいけなく、工務店では施工のしやすさに重点が置かれてしまう。しかし建築家はそれらに縛られることがなく、建て主の希望を重視した家づくりを実現することができる。理想の間取りや趣味、ライフプラン等を重視しつつ、プロの意見を取り入れることで、より希望に沿った家づくりが実現する。

より適正な金額で家を建てられる

始めに建築家に希望の予算を伝えておくことで、その予算内でより希望に沿った家づくりを提案してくれる。ローコストで家を建てることを得意とする建築家もおり、素材や設備の質を落とさず、工事の科目数や設計プランを工夫するなどして金額の調整をしてくれる場合もある。

また、相見積もりができるというのもメリットである。相見積もりとは複数の工務店から見積もりを取る事であり、工事金額を比較することができ、より費用が抑えられることに繋がる。また、工事費の1~2割程度が建築家に払う設計料となっているが、この中には敷地の調査や設計監理、法的な手続等さまざまなものが含まれている。これらを考慮すると、適正な金額であるといえる。

建築家と家づくりをして、理想の住まいを手に入れよう

建築家と家づくりをすることによって、他の家とはひと味違う洗練されたデザインを手に入れることができるのが1番のメリットである。また、規格や施工のしやすさに縛られることなく、ゼロから設計した完全オーダーメイドの家づくりをしながらも、価格を抑えることもできる。建築家をうまく活用することは、理想の住まいを実現することに繋がるといえるだろう。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

design casa

建築家と建てる家。

家族のライフスタイルを尊重した、

家族のための「特別な住まい」をつくりあげます。