skip

縦に横に空間を有効活用!「casa skip(カーサ・スキップ)」のスキップフロアがある暮らし。

TVのCMなどでみかける「天井高が高い家がいい」というのは本当だろうか。確かに天井高が高い家は、開放感がありゆったりとくつろげるイメージがある。しかし家の中というのは、リビングもあれば寝室もあり、収納だって必要だ。そこで天井高にあえてこだわらない「casa skip(カーサ・スキップ)」というスキップフロアの間取りについて考えてみよう。

その天井高は本当に必要か?

リビングのソファに座ってくつろいでいるとき、天井が高いとゆったりくつろいでいる気分になる。部屋の中という閉鎖的な空間であっても、天井が高いということは視覚的なゆとりを生み出すからだ。一方で、寝室の天井が高い部屋を想像してみよう。もちろん広い空間で眠りたいという人もいるだろうが、ベッドに横たわっているときにあまりに天井が高いことで、逆に不安を感じたりする人はいないだろうか。人は眠るときには無防備な状態になる。そんなときに開放感のある空間にいると、逆に落ち着きがなくなる可能性だってあるのだ。

収納についても考えてみよう。小柄な女性の場合、高い場所の収納はイスなどに乗らないと届かないため、結局使わない、もしくはほとんど使用することがないもの専用となる可能性が高い。せっかく広い収納スペースがあっても、天井高のせいで空間を有効に使えなくなってしまう。つまり天井の高さというのは、必要な部屋とそうでない部屋があるということなのだ。

天井の高さをそれぞれ変えられるのがスキップフロア

casa skipのスキップフロアであれば、リビングは天井高を高く、寝室は天井を低く、といった希望を取り入れることができる。収納スペースに限りがある場合、天井が高い収納スペースをひとつ作るよりも、天井の低い収納スペースをふたつ作った方がよりたくさんのモノを収納できる。寝室はぐっすり眠りたいから、ベッドのみが置ければいいという場合でも、スキップフロアなら希望通りの寝室となる。そして寝室の天井を低く設計したことで、趣味の部屋を別に用意することだってできるわけだ。カーサ・スキップとは、まさしくスキップするように部屋と部屋を飛び跳ねるようにつなぐだけでなく、空間そのものを飛ばして先に進める可能性も含んでいるのだ。

都会だからこそ生きてくるスキップフロア

広大な敷地がある場合、わざわざスキップフロアにするメリットは少ないだろう。無駄な空間があっても生活に困ることはないからだ。しかし都会など、限られた土地に家を建てる場合、より有効に空間を使うことが快適な暮らしへと結びつきやすい。casa skipのスキップフロアは、ゆるやかに空間を仕切った間取りを採用している。これによりいわゆる小さな家であっても、閉鎖的な空間になることなく、互いのプライバシーを確保できる暮らしが実現できるのだ。

天井の高さにこだわらないcasa skip(カーサ・スキップ)の暮らし

天井が高い家は住みやすい、果たして本当にそうだろうか。リビングは天井が高いとゆったり過ごせるかもしれないが、寝室や収納はかえって落ち着かなかったり使い勝手が悪くなったりする。casa skip(カーサ・スキップ)のスキップフロアという間取りは、あえて天井高にこだわっていない間取りを採用している。またゆるやかに仕切った空間は、適度にプライバシーを保ち暮らしやすい家となっている。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa skip

高低差のあるフロアを交互につなげたスキップフロアの家。

シンプルな外観の中に日常を楽しむ工夫がギュッと凝縮。

広々と心地よく暮らせます。