casita

戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」だからこそできるリスクを回避する出口戦略。

機能性やクオリティが高く、デザイン性にも長けている「casita(カシータ)」は、希少性が高い戸建賃貸の中でも、十分なリターンが期待できる住宅だ。住む人のことをしっかりと考えて作られているので、実際借り手も見つかりやすく、非常に高い稼働率を誇っている。

だが、不動産投資の経験がない人にとっては不安が多いのは当たり前。不動産経営の色々なリスクにどう対処していいかわからない人も多いだろう。

出口戦略を考えられるのか!?

家賃滞納リスクや空室リスクなどは戸建賃貸住宅や「casita(カシータ)」自体の性質上少ないとは言え、特に戸建賃貸をどうしても手放さなければいけなくなったときなどの対処は本当にわからないことばかりだ。

だが、戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」なら、そう行った出口対策に対応できる戦略をとることができる。

1. キャッシュが必要になったときの物件の売却

戸建賃貸住宅を建てた後に、急にキャッシュが必要になったときにもcasita であれば、比較的簡単に売却できるはずだ。戸建賃貸住宅の性質上、市場に出回っている物件数が少ないので需要と供給のバランスを考えれば、比較的高値で売却できる可能性が高い。

また、不動産オーナーから見ると、その稼働率は魅力的に映るはずだ。今住んでいる人が出て行っても、機能性やクオリティ、デザイン性も高いので、入居者が見つかりやすいだろう。メンテナンスなどランニングコストも比較的安いので、売却時も安く見積もられることも少ない。

これは、複数棟建てて1棟を住んで、他の棟を賃貸として貸している場合も、自分の家族が引っ越さなければならないときに住んでいた棟も含めて売却できるので安心だ。

2. 相続時の土地の分筆

意外に多いのが相続問題だろう。先祖代々の土地を有効活用しようと思って、アパートやマンションを建設して賃貸経営をはじめる人は多い。この場合相続時に土地を分割するときに揉めることがほとんどだ。それまでは仲の良かった親族が醜い争いをはじめるのは側から見ても気分が悪い。

その点、土地を丸々使って建ててしまう集合住宅と異なり、複数棟建てる戸建賃貸住宅であれば、土地を分筆しやすい。casita のようにクオリティが高い住宅であれば、相続した後もそれぞれ利益が出るハズだ。

 

このように「casita(カシータ)」は、出口戦略にもしっかり対応できる戸建賃貸住宅である。また、持ちつずけるのか、売却するのかのタイミングはしっかりと計れば、利益を最大化できるだろう。

カシータ

カシータ

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。