lifestyle

屋上テラスに中庭まで「おうち時間」が楽しくなる!住みたい理想の住宅3選。

新型コロナウィルスの影響で家にいる時間が増えた方が多いのではないでしょうか。アフターコロナの世界では家で過ごす時間への価値観が変わっているかもしれません。

今回は、平日はもちろん、休日も自宅で過ごしたくなるような工夫がつまった住宅をご紹介。家づくりの参考に、こんな視点も良いかもしれません。

自宅にいながら自然を全身で感じられる屋上テラス

なかなか外に出られないこのご時世。せっかくのいい季節なのに閉じこもらなきゃいけないなんて勿体無いですよね。でも、屋上テラスがあれば自宅にいながら気持ちのいい光と風を感じることができます。

屋上テラスの魅力の一つは、何といっても広大な屋上スペースを使って食事や読書などを自由に楽しめるという点です。リビングで仕事を続けているとなかなかいいアイディアがでてこない!なんてときには、テラスに屋外用のダイニングセットやベンチを設置することで、ちょっとしたリフレッシュを兼ねて作業ができちゃいます。

休日には、時間を忘れ、ソファに座りながら好きな本を読んだり、昼寝をしたり、心地よい風に当たりながら楽しいランチタイムを過ごすのもおすすめです。

さらに、ちょっとした工夫で屋上テラスでリゾート気分を楽しむことができます。仕事の疲れを癒すために、スカイバスを露天風呂として使用したり、リクライニングチェアに座って、シャンパンを飲みながら星空をのんびりと眺めたり。まさに屋上テラスで非日常的な雰囲気を味わうことができます。

自宅にいながら自然の心地よさを感じられる開放感のある空間は屋上テラスならではの贅沢。これなら平日も休日も、おうち時間を飽きずに楽しめそうですね。

手軽にリフレッシュができる憩いの中庭

庭がある住宅は多いものの、手入れも大変だしなかなか身近なスペースにならないのも事実。そこでおすすめなのが「中庭」。外の光が差し込む開放感のある中庭は家族全員の憩いの場になること間違いなし。

通常の庭と異なりプライバシーも守られるので、気兼ねなく遊んだり、食事をしたりと様々な使い方ができます。リビングからすぐアクセスできるので、ちょっとした気晴らしにコーヒーを持ち込んだり、アイディア出しをしたり、作業中でも手軽にリフレッシュができる空間になるはずです。

見た目も居心地も、安らぎを感じる和の空間

テーブルにチェア、洋風な住空間がスタンダードになりつつありますが、どこか懐かしい風情を感じる“和”の空間は落ち着きますよね。そんな和の要素を取り込んだモダンな和風住宅も最近では人気なんです。

一見、とてもシンプルながら細部までこだわりを見せる外観デザインには、日本の寺社や文化に使われてきた美しい比率、大和比が用いられており、日本人ならずとも心を奪われるフォルムを体現しています。

室内にも和の工夫が散りばめられています。無垢板を使用した床は柔らかく、殺菌性や脱臭性に優れた杉による健康効果を得ることが可能に。また、杉の香りや暖かみは心地よく、断熱性の高い壁に湿気の吸収と放出という機能を持つ内壁は、夏の暑さや冬の寒さから守り、カビの発生やダニの増殖などを抑える働きで室内を快適な空間に保ってくれます。

デザイン面でも機能面でも和の伝統を取り込んだ住宅は、住みよく、おうち時間が充実したものになること間違いなし。

 

「おうち時間」で住空間について考えよう

いかがでしたか。おうちで過ごす時間が多くなると、改めて住空間について考えますよね。

自宅にいながら太陽と心地の良い風を感じる事ができる屋上テラスや、プライバシーを守りながらも気軽に外の空気を味わえる中庭。懐かしさと心の落ち着きが感じられる“和”の空間。

「家を建てるならこんな空間がいいな」

なんて、ちょっと想像するだけでも楽しいもの。この機会にぜひ、普段過ごす空間について見直してみるのも良いかもしれません。

榎本綾

榎本綾

新しいものよりヴィンテージに惹かれます。

建築家は坂茂が好き。

casa sky

光に、風に、星に、一番近い場所。

屋上をデザインすることで、住まいとライフスタイルに新たな価値が生まれます。