design

プライバシーを確保しながらも気持ちいい屋上テラスと一体になる2階リビング空間。

木の質感がアクセントにしたガルバリウムの重厚感ある外観と雪国ならではのこだわりのデザインで魅了する、山形県山形県のガレージハウス。

今回は好評につき、第二弾として気になる2階部分を徹底解明!敢えて子供部屋と水廻りを1階に設置し、憩いの空間を贅沢に広げた2階フロアについて、早速見ていこう。

広々屋上テラスが気持ちいい、スカイリビング

ガレージ部分の屋根を活かして創り出したのは、広々12帖の屋上テラスバルコニー。屋上家具を多用したスカイリビングには、青空の下で食事や余暇をゆったり過ごしたり、家族や友人と賑やかにホームパーティーもできたりと贅沢な空間が広がる。外からの視線が気になる立地だからこそ、テラスを庭として使用することでプライベートを守りながら家族の大切な時間を過ごすことができるのだ。

EXCEEDHOMEオリジナルキッチンは見た目も機能も抜群

細かいディテールにもこだわった、EXCEEDHOMEのオリジナルキッチンを、堂々と2階フロアの中央に設置。リビングにあってもその空間を邪魔しないシンプルでナチュラルなデザインがとても際立っている。キッチンの洗い場からは、広々テラスを眺めることができ、どんな時でも家族みんなで憩いの時間を過ごすことが可能だ。家族が何処にいても存在を感じ、暮らしの会話を育み家族の絆を深めてくれるだろう。

2階リビングだからこその贅沢な採光を最大限に生かす

北側採光という言わばデメリットとも言える立地を、2階リビング&スカイリビングを採用することで、暖かで優しい陽の光がリビング全体に注ぎ込むことを可能にした。壁横一面に張り詰めた大きな窓と、室内で印象的な白い漆喰壁が相乗効果で優しく光を包み込む。落ち着きのあるスモークグレーのアクセントクロスは、北の採光の相性が良く、更に心地よく空間を癒やしてくれている。

空と共に暮らす、プレミアムなリビングフロア


北側採光、雪国、交通量の多い角地という難しい立地条件を、巧みな設計とデザインで上手く味方につけた今回のガレージハウス。2階のフロアは、天高く続く広大でプレミアムな空間と、広い窓が柔らかな陽の光を家中に取り入れていた。

 

1階フロアも雪国ならではの仕掛けや、「美しすぎるガレージ」、照明デザインなど見所がいっぱい。ぜひ家づくりの参考にしてみては?

 

所在地:山形県山形市/構造:木造/規模:地上2階/敷地面積:237.12㎡/建築面積:106.57㎡/延床面積:130.96㎡

くるみ

くるみ

グラフィック/ウェブデザイナー兼ライター。ニッチでコアな音楽ディストロレーベル ano records を主宰。スーツケース1つで突然移住してしまう癖がある。(アメリカ3ヶ月・オーストラリア1年・石垣島半年)

目指すは、海外ノマドワーカー。暮らしながら世界一周。いつもワクワクの向かう先へ!

design casa

建築家と建てる家。

家族のライフスタイルを尊重した、

家族のための「特別な住まい」をつくりあげます。