piatto

将来を考えて平屋という選択肢を。”永年満足の平屋”を謳う「casa piatto(カーサ・ピアット)」

「平屋」と聞くと、どのようなイメージを持つだろうか。シニア世代が住む家?子どもが独立した夫婦が2人が住む家?ひどうしても敷居が高い印象を持たれがちだが、現在ではデザイン性に優れた平屋が登場している。

カーサの「casa piatto(カーサ・ピアット)」も新しい平屋のうちの1つだ。「永年満足の平屋」を謳うcasa piattoとはどのような特徴を持った住宅なのか、特徴を見ていきたい。

casa piattoが提唱する日本古来の住まい

日本では昔から、2階部分を作らない「平屋」という住まいのスタイルが存在している。段差や階段を持たないこの造りは、実は子どもからシニア世代まで共通して暮らしやすい家と言える。階段を上り下りをする必要もなく、階段や段差から落ちるという危険もない。平屋はバリアフリーに考慮した住宅ということができ、世代を超えて古くから愛されてきたスタイルなのだ。これなら将来の暮らしを考えたときにも安心だろう。

そして、平屋は生活動線がシンプルになるもの特徴の1つ。普段家の中で生活をする上で、同じ場所を行ったり来たり、無駄な動きが多くなっていることはないだろうか。特に家事をする人は少なからず無駄な動きが多いと感じたことがあると思う。その点平屋で動線がシンプルになるため、掃除などの家事が楽になるというメリットもある。

また2階を作るよりも建物の高さが低くなることから、地震対策の面でも安心。平屋は構造的にも安定しやすく、地震が頻繁に発生する日本の風土に合っていると言えるだろう。

casa piattoの室内の天井と屋外の軒は、そのまま同じ色合いでつながっているデザイン。独特な軒がリビングと庭を調和させ、自然をすぐそこに感じられるようになっている。軒先で日本の四季を感じられるのも、平屋ならではの特徴と言えるのではないか。

ワンフロアのつながる住まい

ワンフロアの空間が広がっているため、LDKで家事をしながら、くつろぎながら、別室の家族ともゆるやかにコミュニケーションを取ることが可能。家族同士で顔を合わせることも必然と多くなるので、距離が自然と近づくことになる。家のどこにいても家族の存在を感じられることは、平屋が持つメリットだろう。

仕切りがなく全部つながったフロアだと、プライベートな空間がなくなるのではないか……と心配な人も安心してほしい。casa piattoなら引き戸で仕切りを作ることが可能なため、プライベート空間についての心配は要らない。家族のライフスタイルに合わせて仕切っても良いし、趣味の部屋として使うのも良いだろう。

また、ワンフロアだからこそ仕切りの自由度も高くなる。暮らしに合わせて変化させることができるので、住む人それぞれのニーズを反映させることが可能だ。

子どもが巣立った後、家に夫婦のみが残ったときに2階部分を持て余す事例がよくある。子どもが育つと2階部分は使わないし、階段を上がるのも大変な事から活用できないことが多いが、平山なら部屋を持て余すことなく利用できるのも嬉しい点だろう。

casa piattoならではの特徴も

平屋だと部屋数を増やしたり収納スペースを確保したりしようと思うと面積が広くなり、コスト的に膨らんでしまうのも気になるところ。なんとcasa piattoでは家の約15%を大収納スペースが占めているのだ。マンション(通常6~7%)を大幅に上回るので、年月が経つにつれ家族の想い出のモノが増えても安心だ。

LDKに表情をつける、彫り込み天井居心地のよさから考えられた天井高は2.4m。さらに折上天井で30cmの高低差を出し、表情と広がりを感じられるリビングになっている。

また平屋だと1階部分のみになるので、防犯面が気になる人も多いのではないだろうか。casa piattoでは防犯面を考慮して、リビング以外の居室には、その幅わずか21cmの縦長スリット窓を採用。心地よい光や風を取り込みながら、侵入者は寄せつけない作りとなっている。

平屋という選択肢を

今まであまり馴染みのなかった平屋には、暮らしやすいという点以外にも、安全性や将来性の面でも多くのメリットがある。今のライフスタイルに合うことはもちろんだが、数十年先を考えて「平屋」という選択肢も加えてみてはいかがだろうか。

casa piattoは、平屋のデメリットと捉えられがちなコスト面や安全面をも解決でき、「永年満足できる」平屋となり得るだろう。

あべまなみ

あべまなみ

新潟県出身、横浜在住のフリーライター。中学時代にサックスを始め、自身もジャズを演奏することから、20歳のアメリカ留学時に単身でメンフィスとニューオーリンズへ。初めての一人旅で自分の可能性や新しい発見に出会える楽しさに気づき、その後「旅」にハマる。

2017年12月現在、渡航国は24カ国。好きなものはお酒といちご。

casa piatto

ひとりでも、ふたりでも、家族でも、

ずっと心地よく、ずっと過ごしたくなる。