worldarchitecture

フランク・ロイド・ライトによる「ソロモン・R・グッゲンハイム美術館」で体験する空間とアート

様々なアートが楽しめることでも知られるアメリカ・ニューヨーク。中でも「ソロモン・R・グッゲンハイム美術館」は、マンハッタンを代表するアートスポットとも知られ、アイコン的な存在だ。様々な興味深い企画展や常設展だけでなく、世界一有名な建築家の1人「フランク・ロイド・ライト」がデザインした螺旋状空間の建築は、人々に特別な体験を与え続けている。

「ソロモン・R・グッゲンハイム美術館」とは?

ニューヨークのアッパーイーストサイド、セントラルパークに隣接したところに、一際目を引く建物がある。それがソロモン・R・グッゲンハイム美術館だ。

グッゲンハイム美術館は、20世紀以降の近現代アートを展示しており、カンディンスキーの抽象アートのコレクションなども豊富。ピカソ、セザンヌ、ゴッホら有名芸術家の常設展があることでも人気を集めている。

近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライドが手掛けた建築

美術館の展示内容以上に、グッゲンハイム美術館が注目を集める一番の理由に、個性的なデザイン建築がある。その特徴的な容姿に、今ではニューヨークのランドマークアイコンとしても名高い。2019年に世界遺産に登録されたことでも話題になった。

グッゲンハイム美術館の建築を手がけたのは著名建築家のフランク・ロイド・ライド。「近代建築の三大巨匠の一人」として建築業界では知らない者は居ない。日本の近代建築の発展や西洋建築の普及に貢献し、無機質な建築が多い現代に「より人間的な豊かさ=有機的建築の理想」について生涯を賭けて問いかけ続けたことでも知られている。

トグロを巻いたような目を引く外観

今年「フランク・ロイド・ライトの20世紀建築作品群」として世界遺産に認定されたグッゲンハイム美術館。その外観は、トグロを巻いたような容姿が特徴的。ローカルからは「かたつむりの殻」と呼ばれているほど愛されている存在だ。

螺旋状の動線が上に向かって伸びる空間設計

ぐるぐると巻かれた「カタツムリの殻」の内側はというと、螺旋階段が天上へと登る導線が何とも美しく続く。「螺旋」という明快な形式は、グッゲンハイム美術館の建築でしか味わえない貴重な空間体験。近未来的とも有機的とも言えるデザインと、フォトジェニックな建築は老若男女問わず感動すること間違いなしだ。

グッゲンハイム美術館の展示スペースはこの螺旋状の廊下に沿って続くため、自身がグルグルと歩き登りながら、展示を楽しむことができる。これにより、フロアごとの区切りの粗なく、滑らかにその世界観とアートに溶け込み堪能することが可能になっている。

フランク・ロイド・ライドが考える自然光の入り方

模様も印象的な中央の吹き抜けからは、館内全体を明るく照らす自然光が気持ち良い。この天井からの採光は、流れるような螺旋階段に合わせて様々な仕組みが作られている。

旋状空間の上部では柔らかく、モダンな雰囲気に差す自然光の入り方が美しい。流れるような光に沿って人々が緩やかに進んでいく導線は、まさに天才フランク・ロイド・ライドのセンスと偉大さを痛感する。

グッゲンハイム美術館のデザインが凝縮されたインテリア

ライブラリーやミュージアムカフェなどではライトらしい「有機的なデザイン」のインテリアを楽しむことができる。モダンな木質のテイストはまさに「フランク・ロイド・ライド」。美しい曲線美も魅力的だ。

一方で1階のカフェは思わずインスタにあげたくなるような、近現代アートのインテリアデザインがお洒落。マンハッタンを舞台に活躍する「Andre Kikoski Architect」という建築デザイン事務所が手がけただけあり、抜群のセンスが光っている。

フランク・ロイド・ライドが手がける「有機的なデザイン」の芸術と、今世界的に活躍するアーティストや建築デザインの融合が何とも楽しく、心踊る場所こそグッゲンハイム美術館。

今、ニューヨークで建築とアートを体験するなら、グッゲンハイム美術館は「絶対外せない建築・アートスポット」だ。

Solomon R. Guggenheim Museum – ソロモン・R・グッゲンハイム美術館 詳細情報

開館時間:10:00~17:30(土曜日~20:00)
入館料:$25
URL : https://www.guggenheim.org
住所:1071 5th Ave, New York, NY 10128 USA

くるみ

くるみ

グラフィック/ウェブデザイナー兼イラストレーター。ニッチでコアな音楽ディストロレーベル ano records を主宰。

スーツケース1つで突然移住してしまう癖がある。(アメリカ3ヶ月・オーストラリア1年・石垣島半年)

目指すは、海外ノマドワーカー。暮らしながら世界一周。いつもワクワクの向かう先へ!

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。