interior

シアトル不動産物件視察!シアトルの湖を望むリノベーションハウス。

シアトルはアメリカ北西部で最大の都市である。日本では、AmazonやMicrosoftなどの世界的な有名企業の創業地であることや、スターバックスコーヒーなどに代表されるシアトル系コーヒーショップなどの印象が強いのではないだろうか。そんなシアトルは、ピュージェット湾とワシントン湖の中間に位置し、ユニオン湖やグリーン湖、カスケード山脈など、豊かな自然に囲まれており、都会の利便性と緑豊かな暮らしが両立できる都市である。今回は、ポーテージベイエリアに建つリノベーションハウスを紹介する。

ポーテージベイエリアに建つリノベーションハウス

緑豊かな庭を通り抜け、エントランスに向かう。ブルーの外壁にホワイトの窓枠のアクセントや、エントランスのアーチの小窓が可愛いらしい外観だ。

エントランスに入ると、白を基調とした広々とした空間が広がっている。階段に敷かれているトラッドカラーのカーペットが一際目を引く。

カントリーテイストのリビングダイニング

明るい日差しが降り注ぐリビングダイニングは、壁や扉で隔てられずワンフロアにまとまっており広々とした印象だ。インテリアは優しい色合いのペールトーンで統一されており、建て具のペールグリーンがアクセントカラーになっている。また、壁面はモールディングによりクロスがツートンになっており、淡い色でまとめながら単調にならずアクセントとして効いている。

リビングは、柔らかな色使いや素材使いを中心にしながら、モノトーンの花柄がシックなイージーチェアやアイアンの曲線がエレガントなガラストップテーブルなど、シックな家具を合わせてコーディネートしている。

ダイニングは、ダークブラウンとアイボリーに色を絞りスタイリングしており、シンプルでエレガントな印象だ。テーブル上と壁際に置かれたフラワーが空間を華やかに演出している。また、床に敷かれているトレリス柄のラグはデザイン性だけではなく、リビングとダイニングをゆるやかにゾーニングする役割も担っている。

リラックスできる気持ちの良いキッチン

キッチンは横に広く、ダイニングとの間に作業台が設けられていてゆったりと調理しやすい空間だ。格子窓に面しているため外の景色を眺めながら料理ができるよう設計されている。インテリア全体のアクセントカラーに使用されているペールグリーンが外の緑とも合っている。レンジ前に部分的に施されているヘリボーンのタイルも、窓枠と色合いが統一されていて調和がとれている。作業台の上のシャンデリアは作業台の天板と、木の色味を合わせつつシャビーな印象を与えている。また、収納の取手の一つ一つもインテリアのテイストに合わせて丸みのあるものが使われている。

ダイニングから見えない奥まったスペースは、食器棚など収納が充実している。ワークトップ は大理石を使用しており、エレガントな印象がプラスされている。

シャビーシックなサロンスペース

サロンスペースは、スタイリッシュなデザインが際立つガラストップのテーブルとトラディショナルなダイニングチェアを合わせたミックススタイルだ。チェアやテーブル上の花器、キャンドルホルダーをホワイトで統一していてシャビーシックな空間を演出している。

ホテルライクなベッドルーム

ベッドルームもリビングやダイニングと同じく、ペールトーンをベースにコーディネートをしているが、ベッドの両脇に置いたダークブラウンのサイドテーブルでぐっと落ち着いた空間に仕上がっている。ベッドリネンはホテルライクなホワイトのものを選んでいる。ボリュームのある質感が特徴のベッドスローとフットスツール が同系色のグレーで全体をまとまった雰囲気に仕上げている。

 

今回紹介した物件の色のバランスや、テイストミックスのバランスはアンティークなどのシャビーテイストの家具とモダンやクラシックなテイストの家具を織り交ぜて構成するシャビーシックな部屋づくりの参考になるのではないだろうか。

カシータ ジャーナル

カシータ ジャーナル

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。