yadokari

日本中の「100均空き家物件」を網羅。活用方法を創造するプラットフォーム「空き家ゲートウェイ」!

世界中のタイニーハウスやモバイルハウスのメディア運営や、動産活用による遊休地や暫定地の企画・開発を手がけるYADOKARI は、全ての人が空き家を楽しめるプラットフォーム「カリアゲJAPAN」を運営する株式会社あきやカンパニーと連携し、日本中の使われなくなった空き家物件を「100均物件」として掲載、活用方法を創造し、利用者とマッチングするプラットフォーム「空き家ゲートウェイ」開設した。

日本中の空き家を網羅する100均物件マッチングサイト「空き家ゲートウェイ」

2030年に2000万戸まで増え続ける日本の空き家問題

もう使い物にならないと諦めている、売りたいが値がつかないので不動産会社が扱ってくれない、そもそも使い道を誰に相談したら良いかわからない、などのオーナー側の要因や、少子高齢化や地方における人口減少などの社会的要因により、空き家数の増加が社会問題となっている。

平成25年におこなわれ、平成31年に発表された「平成30年住宅・土地統計調査」(総務省統計局)では、空き家数は846万戸で全国の住戸の13.6%を占め、過去最高となり、2030年には約2000万戸にまで及ぶと言われている。

YADOKARIはそんな空き家の可能性に目を向け、「ガラクタ」と「誰か」との「出会い」を提供し、空き家を楽しく、ワクワクする存在へと変えていくためのプラットフォームを提供する。

「空き家ゲートウェイ」の「100均物件」とは?

「空き家ゲートウェイ」とは、カリアゲJAPAN×YADOKARIで、新たに価値のないと思われている物件等含めて、全国の空き家を圧倒的に網羅・紹介し、使いたい人をマッチングするプラットフォームだ。

「誰かにとってのガラクタが、誰かにとっての宝物になる可能性を秘めているはずだ。」
空き家ゲートウェイは、「空き家の100均物件」として「100円物件」と「100万円物件」の2つの金額帯に絞り、物件情報を掲載。活用したい人からの問い合わせを受け付ける。

キャッチーで創造的なサイトイメージにより、空き家のネガティブな印象をポジティブで未来を感じさせるものへと変え、不動産価値がないと思われている物件に新たな価値を提供することを目指す。

空き家のリアルマッチングイベントも開催!

ウェブ上のプラットフォームだけでなく、空き家の情報をわかりやすく伝えるイベントも開催する。

東京、神奈川近郊にて空き家マッチングイベントを開催し、リアルな場に集った人々が理想の空き家に出会う場を提供するだけでなく、空き家・建築・不動産・住まいや暮らしにかかわる有識者や、各世代のオピニオンリーダーをお迎えしてのスペシャル対談イベントも開催する予定だ。

100均物件の掲載事例「北軽井沢の星(100円 or シェア)」

YADOKARIは2017年に軽井沢にある空き家物件を譲り受け、企画、改修リノベーションした物件。空き家の改修も手がけるYADOKARI は今回新たな使い道を創造できる人々へ空き家を提供する。

 

タイニーハウスや小屋暮らしの先駆者的なYADOKARI によるが、「空き家ゲートウェイ」というサービスは、「空き家」という社会問題に一石を投じることができるのか、これからも注目したい。

空き家ゲートウェイ:https://akiya-gateway.com/

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。