liniere

希望のすべてが詰まったわが家は「casa liniere(カーサ・リンネル)」

こだわりの素材と土間から続く開放的な間取りが心地よい、神奈川県大磯町に建つ「casa liniere(カーサ・リンネル)」。アート作品が映える空間を、可愛らしい2人の女の子が跳ねまわる、そんな石川さんご一家のお宅にお邪魔しました。

家族の気配が感じられる土間とリビング

帰宅すると、まず入った瞬間にパーッと開放的な土間が出迎えてくれる。土間とひと続きになった広いリビング・ダイニングからは、賑やかで楽しそうな家族の気配が届く。奥さまは、モデルルームを見に行った際、まずこのゆとりのある土間とリビング・ダイニングに魅せられた。

「広い土間にワクワクしました。子どもたちもここで遊べるし、外へのアプローチがしやすい。そもそも、家族みんなが一日中リビングにいるタイプなので、部屋の数はいらないなと思っていました。casa liniereを見たときに、みんながこの空間にいるイメージが自然と湧いてきて、しっくりきました」

ご主人も、まったく同じ部分に惹かれたようだ。

「この土間から続く空間に自分の希望のすべてが詰まっているような家だと思いました」

子どもが成長していくにつれ、たとえコミュニケーションを取りにくい時期が来ても、この空間なら、ほどよい距離感で過ごしていける。そんな長いスパンで住みやすさを想像できたのも「casa liniere」を選んだ決め手となったという。

居心地のよさを叶えるこだわりの素材

石川さんご一家が選んだ「casa liniere」は、心地よさにこだわったライフスタイルを提案する雑誌『リンネル』とのコラボハウス。インテリアスタイリストの石井佳苗さんが厳選した、タイルをはじめとする質感を重視した素材や、北欧の暮らしのエッセンスを取り入れた間取りが居心地のよさを叶えてくれる。

無垢の板をふんだんに使用し、壁には漆喰が用いられている。見た目だけでなく、調湿効果や健康面に配慮があるのもうれしい。気密性は高いが、陽の光が降り注ぎ、程よく風が通るのは、天然素材を用いているからこそだろう。

「漆喰は、塗っている様子を見ているときから、素敵だなと思っていました。冬になっても、暖房をつけなくても暖かいし、無垢の床は柔らかくて、足触りが最高です。もう本当に、いいお家だなと思っています」

ワイヤーを使ったオブジェを制作するアーティストでもある奥さまは、良質な素材を使用した広い空間があるからこそ、そこに置く作品を考えるのが楽しいという。

 

「何を置いても映えるし、よりよく見せてくれる家なので、作品を作るのも、友人たちと一緒に実際に作ったものを置いて撮影するのも楽しいんです」

家族はもちろん、友人と一緒にいる時間も楽しめる。集まりたくなる空間が、この家にはある。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa liniere

女性ファッション雑誌No.1 『リンネル』が魅せる家づくり。

北欧スタイルの家「casa liniere(カーサ リンネル)」。