lifeisart

体を温めるだけじゃない「ショウガ」!調理法で効能が変わる生姜のハナシ!

生姜と言えば、体を温めてくれる食べ物と認識している方は多いと思いますが、生のショウガと加熱した生姜で違いはないのでしょうか?

そういえば、夏は冷ややっこにのせて食べたり、そうめんのつゆにすりおろした生姜を入れたり、夏は生で食べることも多いですよね。

体を温めてくれる生姜の性質を知って、適切な摂り方を選びましょう!

その生姜は体を冷やす!?温める!?


生姜を食べると体を温めるというのは間違いありませんが、生で食べるのか、加熱するかによってその効能は変わってくるのです。

辛味成分ジンゲロールは生の生姜に含まれている成分です。殺菌効果が高いので、生魚と一緒に食べたりして臭みを消してくれたり、食中毒を防いでくれたりします。また、夏の暑さで体が弱ったり、バテたりして食欲がない時や風邪で熱がある時は体内に滞った余分な熱を放出する作用があります。血流をよくして、体の内側の熱を手先や足先などの末端部分に送るので体を温めてはくれますが、内側の温度は下げてしまうことがあります。

風邪の引き始めなどにすりおろした生姜を食べると強い殺菌効果で風邪を予防できます。冷奴にのせたり、そうめんのつゆに薬味としていれたり、体調が悪くてもこのようなメニューなら食べやすいですよね。

この生の生姜に含まれる辛味成分ジンゲオールを加熱すると、ショウガオールという成分に変化します。

ジンゲロールの期待できる効果

免疫細胞を活性化

殺菌作用

胆汁分泌の促進

抗炎症作用

吐き気

頭痛を抑える作用

老化を防ぐ

など・・・

加熱することで成分が変化する生姜の辛味成分

加熱することで変化したショウガオールは、胃腸や心臓に働きかけ体の内側から体温を上げる作用があります。体の芯から温まるので長時間効果が持続します。

ただ加熱すればいいということではなく、100℃以下の温度下で効率的に発生するようです。生姜をスライスして天日干しするなどして効率的にショウガオールを作り出すのも良いかと思います。

血行が良くなることで酸素や栄養を体の隅々までいきわたらせることができ、体温も上がり冷え性・頭痛・肩こりを緩和してくれます。胃腸の働きを整えてくれるため免疫力を強化できます。

抗炎症作用でアレルギー性皮膚炎などのかゆみをやわらげたり、メラニンの発生を阻害する働きで女性に嬉しい美白効果が期待出来たり、体内の脂肪燃焼を促進してくれることでダイエットにも役立ったり、そして癌の原因である活性酸素の除去作用に優れていたりと、美容と健康に効果が期待できそうです。

ショウガオールの期待できる効果

血行促進

殺菌作用

免疫力を強化

記憶障害の改善

アレルギー性皮膚炎の改善

美白効果

脂肪燃焼効果

がん予防効果

など・・・

健康維持に欠かせない漢方薬としても知られる生姜


生姜=体を温める というイメージが強いと思いますが、表面を温めるのか、芯から温めるのかの違いを知って、加工の仕方を工夫するとよいですね!私もなるべく無農薬の生姜を使って生姜シロップを作り置きしています。夏は炭酸で割ってジンジャーエールに、冬はお湯で割ってホットジンジャーや紅茶に入れて飲んでいます。

お料理にも合わせやすく、食べやすいのも嬉しいですし、さらには期待できる効能も幅広くて万能薬と言っていいほどですね。小まめに摂って健康維持に役立てましょう!

公門 秋絵

公門 秋絵

オーガニックを取り入れた食卓と暮らしを楽しくする情報を発信するサイト

「cu mondo(クモンド)」編集長

六本松 蔦屋書店にて食のコンシェルジュ(暮らしのコーナー)を担当。自身のブランド「poco a poco」で輸入生地を使った雑貨の製造・販売を行う。

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。