cago

タイニーハウスなどで様々なライフスタイルが実現できるcasa cago(カーサ・カーゴ)

「casa cago(カーサ・カーゴ)」は、6畳のユニットをそれぞれのライフスタイルに合わせて組み合わせる事ができる新しい住宅。近年、小屋暮らしをしてみたいという人が増え続けている傾向にあり、タイニーハウスなど小さい家が人気だ。広々とした大きな家に居住するのではなく、極力無駄をカットして生活にフィットしたタイニーハウスも実現できるのが「casa cago(カーサ・カーゴ)」だ。

6畳のユニットを組み合わせて様々な間取りを実現

casa cagoは、ライフスタイルや場所に合わせて6畳のユニットを自由に組み合わせてシンプルな平屋を作る事が可能だ。casa cago でできる間取りのひとつが6畳のCABINであり、タイニーハウスと呼ばれる小さい小屋を作ることができる。6畳タイプのCABINは工夫次第で無限の可能性があると言え、例えば読書をしたり音楽を聴く部屋としても利用できる。トイレも設置する事ができる事から、敷地内にカーサ・カーゴを建てれば親世代と敷地内同居という形で生活していく事ができるだろう。

またDOUBLE WINGというプランもあり、これはカーサ・カーゴを8つ組み合わせたもので広々としているのが特徴的だ。中央部には中庭やウッドデッキが設けられており、左右に居室を振り分けている設計となっているため、近隣の視線を気にしてしまうといった心配はない。中庭などで思いっきりバーベキューを楽しむ事もでき、開放的なライフスタイルが実現できると言える。

ライフスタイルに合わせて様々なプランを用意

casa cago には他にもCOURT HOUSEやSTICKといったプランも用意されている。COURT HOUSEは、8つのカーゴがコの字型に組み合わされているデザイン設計となっている。キッチンとリビングからはウッドデッキが眺められるようになっており、開放的な空間が広がっている。一方、STICKは、8つのカーゴを縦に並べたタイニーハウスであり、最も縦長なデザインである。テーブルとチェアなどを用意してカフェテリアのようにテイストしてホームパーティーを催したりするなど様々な利用の仕方ができると言える。

カーサ・カーゴは省エネや耐震などにも有効

casa cagoは、省エネや耐震、劣化対策といった各分野の性能において最高ランクという評価を得ているため、安全かつ便利な生活を実現してくれるであろう。また日本は地震の多い国ではあるが、casa cago はその課題に対して積極的に取り組んでいる。またカーサ・カーゴは比較的メンテナンスもしやすいので、次世代に渡って利用できる所も魅力の一つであると言える。

安全かつ快適な暮らしが実現できる「casa cago(カーサ・カーゴ)」

自分の家は持ちたいがあまり経費はかけたくない一方、妥協もしたくはないという方には「casa cago(カーサ・カーゴ)」で作るタイニーハウスが最適なのかもしれない。オシャレなデザインがありながら高い機能性も備わっている他、明確なコンセプトも掲げられており、シンプルな平屋ならではの魅力が詰まっている。「casa cago(カーサ・カーゴ)」でなら安全かつ快適な暮らしが実現できるであろう。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa cago

日本人に馴染みある6畳の組み合わせで

お客様が必要な形

必要な部屋数でつくる家