resort

「casa sky」誕生秘話インタビュー・極上のプライベート・リゾート誕生のきっかけとは?

これからのシーズン、年末年始にリゾートに出かける方も多いのではないだろうか。

美しい自然、日々の喧騒から離れた非日常な空間でゆっくりと過ごす、そんなリゾートで味わえる体験を、もっと身近に自宅に居ながらにして楽しむことができる商品住宅が「casa sky」である。

屋上にはいつでも家族やゲストで集えるダイニングスペースや、思い思いに寛げるリラクゼーションスペースが備え付けられている。

「casa sky」は今までの住宅の価値観を更新し、「住まい」としての機能以上の豊かさを感じられる住宅に仕上がっている。

今回はそんな「casa sky」がどのようにしてできたのか誕生秘話を全4回に渡り、戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」の開発者であり株式会社 the HOUSE代表の梅村和利氏と、株式会社PASIO代表の岡崎富夢氏に伺った。

【梅村和利】株式会社ザ・ハウス (the HOUSE) 代表取締役。1972年生まれ。大学の経済学部を卒業後、税理士事務所やプラント関連の建設会社勤務などを経て、2004年、新栄クリエイト(現・株式会社ザ・ハウス)を創業。「本物の環境にやさしい家」を目指してブランド「the HOUSE」を立ち上げ、100棟を超える住宅の設計、建築、リノベーションを行う。また、戸建賃貸「casita」を開発し、そのコンセプトと住宅としての性能の高さが評価され、2012年より本格的に全国販売が開始される。

【岡崎富夢】1977年1月23日、山口県出身。株式会社PASIO代表取締役。日本に「ラグジュアリーテラス」を広め生活を豊かにしたいとの思いから株式会社PASIOを創業、住宅用屋上テラス「COLORS」の開発・販売・施工を行う。

ライフスタイルにリゾートや非日常を取り入れたい

ジェットバスをはじめ、ダイニングテーブル、ソファ、バーテーブル、リクライニングチェアなど、洗練されたインテリアが標準装備されている

 __まずは、お2人が「casa sky」の開発に至るまでの経緯を教えていただけますか。

岡崎富夢さん(以下富夢):僕は22歳で就職と同時に上京してきて、25歳ごろから毎年ボーナスをつかって沖縄やグアムの高級リゾートホテルに行くというライフスタイルを送っていました。 海外の中でもどちらかというとリゾートに特化して旅行していましたね。 梅村社長も世界中を回られていて、お互いリゾートが好きだったというのが、そもそものきっかけです。

リゾートに行くようになってから、ビーチリゾートやプールリゾートとか、南の島ってこんなに楽しいんだって衝撃を受けて、 その頃からライフスタイルにリゾートや非日常を取り入れたいと考えていました。

そこでリゾートに使われている屋外家具の価格を調べたら、大手メーカーのものは非常に高価だったんですよ。 僕らの開発している商品の5倍くらいの価格でやっていて。 屋外で使う家具は雑に扱われることもあるし、駄目になったら買い換えられるような、普通の人が買える価格じゃないとだめだよねってところから、「COLORS」という屋上テラスのビジネスモデルができました。

変わりつつある住宅の価値

梅村和利さん(以下梅村):富夢さんのオリジナルのラグジュアリーテラス「COLORS」に、さらにジェットバスまで標準搭載した商品住宅をつくろうと思ったのは、「casa sky」と少し話しが逸れるのですが、僕自身がずっと山口県で家づくりをやってきて耐久消費財としての家、生活必需品としての家に限界が出てきてしまったと思ったんです。

よく付加価値化と言われますが、そこで暮らすだけで生活が楽しくなったり、そこで暮らすことが人生の質を上げるような家でないと、お客様が何千万ものローンを組んで買ってくださる価値を感じてもらえなくなるんじゃないかという思いが以前からありました。

そういった意味で、PASIOの「COLORS」はまさに付加価値のある商品で、 自宅の屋上にラグジュアリーテラスがあるというのは、お客様のライフスタイルの質を向上するような家だなと思いました。

また、価格の面でも「COLORS」は、屋上ってだけを見てもすごくリーズナブルなんですよ。 「casa sky」の家全体のコンセプトを決めて商品開発をして行く中で、普通の人でも手が届く価格で屋上付きの家が出せたらというところに共感しました。

 __付加価値を生み出すためにリゾート以外のキーワードはありましたか。

梅村:エンドユーザーであるお客様にとって、付加価値化だったり自分たちのライフスタイルの質を向上するのは、必ずしも屋上だけでは無いとは思います。

車が趣味の人はガレージだったり、ペットと暮らしている人はドッグランやペットと共生するような住宅だったり、様々な形のコンテンツがあると思いますが、その中でも「COLORS」のようにリーズナブルな価格でラグジュアリーテラスが出せるんだったら、もうホームビルダーとしてマストで持っておかなくてはいけないものだなという風に思いました。

日本の住宅は必ずと言っていいほど屋根があるから、ベランダとか屋上が無い家って無いじゃないですか。 でも、ベランダとか屋上の使われ方ってほとんどの人は物干し場として使っているだけなんですよね。 屋上は無いにしても屋根というスペースが必ずあるのに、屋根としての機能だけにしておくのは勿体無いという富夢さんの考えにはすごく共感しました。

「casa sky」のきっかけ、リゾートの魅力

写真左から岡崎富夢氏、梅村和利氏

__お2人とも、もともとリゾートがお好きだったんですね。 きっかけとなったリゾートですが、お2人はどのような点が好きというのはありますか。

富夢:単純に外でお酒を飲んで気持ちが良いですよね。(笑)

梅村:僕も昔からリゾートは好きですね。

富夢さんと一緒に「casa sky」に携わってから、もっと意識して色々とインプットするようになりましたね。

富夢:梅村さんは、ハワイは何歳くらいから行ってるんですか。

梅村:ハワイには小学校4年生頃から。親戚が住んでいたので、行っていましたね。

__小学校4年生ですか⁉︎ では、その頃からビーチリゾートに対するインプットはあったのでしょうか。

梅村:ないない。でも、ビーチリゾートらしい椰子の木、太陽、海があって、日本と違って楽しいなという感じはありましたね。

富夢:それは、影響としては大きいね。

 

20代から様々なリゾートを体験し、その体験に基づきラグジュアリーテラス「COLORS」を生み出した岡崎富夢氏。対して、「casita」など家づくりに携わる中で、住宅の付加価値化に着目した梅村和利氏。次回はそんなお2人が、共同で開発を進めていく経緯を伺う。

asanan

asanan

長野県小県郡、自然は豊かだがどこへ行くにも一苦労な片田舎で育つ。

『エル・デコ』を読み漁る高校時代を経て、インテリアデザインの学校へ。

家具メーカーでインテリアコーディネーターとして務めた後、(ワーク・ライフ・バランスが叫ばれる中)ライフに120%振り切った生活をはじめる。

casa sky

光に、風に、星に、一番近い場所。

屋上をデザインすることで、住まいとライフスタイルに新たな価値が生まれます。