piatto

平屋で生活する心地良さを持つ「casa piatto(カーサ・ピアット)」の家族がつながる間取りの魅力!

戸建て住宅を建設する際には、多大な金額を要するケースが一般的だ。費用を可能な限り抑えた場合、生活し始めて間もなく、後悔する事態に陥りかねない。そこで今回は、平屋建てを好む方々の間で話題になっている「casa piatto(カーサ・ピアット)」について検証。長年にわたって快適に暮らし続けられる住戸を探している家族は必見だ。読み進める中で、新築住宅を購入する際に役立つヒントを見つけられるだろう。

casa piatto の特徴

元来、日本国内には、数多くの活断層が走っている。先人達は、地震大国で生活していることを理解し、自然災害による脅威から逃れる対策を練っていた。その1つが平屋だ。2階がない構造の家は、耐震性に優れており、日本の風土に合致している。casa piatto は、日本人が古くから平屋で生活することを好んできた歴史を熟慮し、平屋の物件を顧客に提案している。casa piatto が提案する平屋は、リビングルームをはじめとする全ての部屋が一体化しており、生活動線を確保しやすい。

いずれの世代も暮らしやすい

平屋住宅であるcasa piatto は、部屋と部屋の間に隔たりが殆どない点が子育て中の世帯から高く評価されている。子ども達の行動を意識しながら家事や在宅ワークに専念できるため、家事・仕事・育児の両立を図りやすい。子ども達が独立して居住者がシニア層になった折りには、ライフスタイルに合わせて、部屋の仕様を変えることが可能だ。その上、2階のスペースを持て余し、手入れに悩む必要がない。

家族みんなが寛げるリビングルームを再現

casa piatto のLDKは、周囲の景観を存分に堪能できる構造になっている。室内の天井と軒先に同系色のデザインを施し、リビングから庭を眺めやすい環境を整えている。室内外の境界線を感じにくく、自然が織り成す美しい景色を間近で楽しむことが可能だ。その上、太陽の柔らかな陽光を室内に取り込みやすく、明るく開放的な空間を演出できる。天気が良好な日には、庭に繋がる窓を開放し、空気の入れ換えも難なく行える。庭で外遊びを楽しむ子どもの様子も室内から見守れるため安心だ。また、居心地の良さを考慮し、天井の構造にも工夫を凝らしている点も大きな魅力の1つだ。リビングの天井の高さを約2.4メートルにすると共に、折り上げ天井を採用してリビング・ダイニング・キッチンを区分している。扉を設置していないため、用途や目的に応じて部屋の仕様を簡単に変えられる。

安心して暮らせる住まいを購入しよう

地震をはじめとする自然災害は、いつ発生するか分からない。そのため、「casa piatto(カーサ・ピアット)」は、日本人の生活様式と共に、日本の風土を考慮した上で快適に暮らせる平屋を提案している。地震に強い家を望む方、平屋での生活に興味を持っている方は、一度「casa piatto(カーサ・ピアット)」の展示会場を訪れてみよう。実際に「casa piatto(カーサ・ピアット)」を体験してみることによって、居住した時の光景をイメージしやすい。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa piatto

ひとりでも、ふたりでも、家族でも、

ずっと心地よく、ずっと過ごしたくなる。