casita

一戸建てでの賃貸経営!新しい形の賃貸住宅「casita(カシータ)」の魅力について。

戸建賃貸住宅を経営して収入を得たい、小さな土地を使って賃貸住宅を建てたいと考えている人にぴったりなのが「casita(カシータ)」だ。一戸建てを利用して不動産投資をするという斬新なやり方である。賃貸住宅の中でも比較的集客力もあり、稼働率も高いと言われているのだ。そこで不動産投資の一つである戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」について紹介する。

「casita(カシータ)」とは?どんな魅力がある?

casita は1棟あたり25坪の土地からでも始められるという戸建賃貸住宅だ。一般的に賃貸住宅を建てようと思うと住居スペースと駐車スペースを設ける場合は、60坪程度の土地が必要とされている。だがcasita ではクオリティを高く保ちながら大幅なコストダウンに成功し、少ないスペースでも十分に住居スペースを確保出来るのだ。小さな土地だからと賃貸経営をあきらめていたオーナーも、気軽にチャレンジすることが出来るのが大きな魅力だ。

casita は設備が充実しているのも魅力の一つである。室内にはゆとりのあるキッチンが備え付けられていて、料理をするときも窮屈にならない。お風呂も広々と使える設計になっていて、追炊き機能や天井換気扇など設備も十分充実している。

空室対策もバッチリ

賃貸住宅の経営をしていて心配事の一つが空室だ。空室が増えるとその分家賃収入が減り、経営難になってしまうこともある。そんな心配を無くしてくれるのが、casitaの空室対策だ。空室や家賃の滞納も関係ない20年一括借上制度があり、毎月借上賃料を支払って貰うことが可能。また初めの10年間は借上賃料を固定し、その後は更新を2年ごとに行う。周辺の賃料が下がったときでも、借上賃料は変わらないのが特徴だ。このようなサポートがあれば空室になっても安定した収入を得ることが可能だ。

長期優良住宅を採用

性能の高い戸建賃貸住宅を提供しているのも大きなメリット。casita は「長期優良住宅」である。長期優良住宅とは長く住み続けることができ、資産価値も減りづらいという住宅だ。高い耐震性や耐久性、気密性があり、借りる人たちが安心して暮らせる。省エネ効果も高く、冷暖房代の節約にも繋がるのだ。長く住んでいると時にはリフォームなどが必要になるが、casitaではメンテナンスしやすいように出来ているため費用を抑える効果もある。

オーナーの不安を解消する「casita(カシータ)」

「casita(カシータ)」は戸建賃貸住宅のオーナーにとって不安材料となるものを取り除いてくれる不動産物件にんありうる。狭い敷地でも不動産投資にチャレンジすることが出来たり、収入面もしっかりサポートしてくれて安心である。メンテナンス費用も抑えられて、オーナーの負担を軽減してくれる。賃貸住宅の経営に不安があっても、一歩踏み出す勇気を与えてくれるようなシステムだ。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。