sole

充実したエコ機能を搭載している「casa sole(カーサ・ソーレ)」の電気代と光熱費について

各住宅メーカーな、地球温暖化の進行に伴い、限りある資源の有効活用に重点を置いて物件の建築に取り組んでいる。新築物件の購入を検討している家庭の中には、省エネの効果を期待できる住宅・設備に注目している方々が多い。そこで今回は、エコ住宅として話題になっている「casa sole(カーサ・ソーレ)」の特徴、居住によって発生する電気代と光熱費について解説する。

ランニングコストの抑制を図れる可能性大

casa sole は、太陽光発電の設備を導入すると共に、オール電化を採用している。この2つのシステムを標準装備しているため、居住者自身が付け足しの手続きを行う手間がない。居住し始めると同時に、太陽光を変換して住宅の電気を賄える。もしも売電サービスを利用した折には、1年間に約10万2000円の収入を得られるため、お得感が絶大だ。停電に備えて冷蔵庫やテレビの電力を補充する設備も整えており、自然災害をはじめとする万が一の事態が発生した時でも不安を感じにくい。

casa sole で居住した場合、太陽光発電の設備を活用し、電気消費量の軽減を望める。月々の電気代と共に、光熱費を抑えられるため、経済的な負担が増大しにくい。

光熱費を大幅にカット

年々、省エネ性能を備えた電化製品が増えているものの、夏季や冬季は電気代が高くなる傾向がある。カーサ・プロジェクトは、エネルギーを最小限に抑えられる住宅を目指し、casa sole を考案した。casa sole は、屋根の傾斜角度を約30度に設定することによって、ソーラーパネルと屋根が一体化している。スマートな佇まいだが、太陽の光を取り込んで発電する機能は確かだ。2.7キロワットのソーラーパネルを設置しているcasa sole に4人家族が住んだ場合、年間の光熱費が一般的な家庭の約30パーセントで済む。

高気密性と断熱材が省エネに貢献

casa sole は、断熱性と気密性が優れている点も特徴的だ。断熱性が高い材質・ネオマフォームを駆使すると共に、断熱材で住宅全体を覆うダブル断熱工法を採用している。これらの工夫によって、1年を通して快適に過ごせる環境が整えられている。季節や気温の変化に左右されることなく、適度な温度帯で生活することが可能だ。いずれの部屋においても、夏は涼しく、冬は暖かく活動できる。

自由自在に間取りを変更可能

casa sole は、大空間工法を用い、居住者が自由に間取りを変えられる住戸を再現している。間仕切り用のキットパネルを使い、簡単にリフォームを行える。例えば、夫婦2人で暮らし始めた場合、2階に仕切りを設置して応接室と寝室を独立させることによって、1階のLDKを用途に応じて使い分けることが可能だ。1つ1つの部屋の使用目的が明確になり、生活のリズムの安定化を図れる。将来、子どもが生まれて間取りの見直しが必要になった折には、2階を仕切る方法を変えて子ども部屋を作れる。

また、自宅が仕事場となっている個人事業主は、仕事場と家族で過ごすスペースの両方が必要だ。2階にキットパネルを置いて寝室と洋室を設ければ、仕事や趣味に専念できる空間が完成する。家族の成長、ライフスタイルの変化に応じて間取りをカスタマイズできる合理性もcasa sole の魅力の1つだ。

経済的な負担を減らす上で有用な「casa sole(カーサ・ソーレ)」

「casa sole(カーサ・ソーレ)」は、カーサ・プロジェクトが培ってきた豊富な経験と実績に基づき、エコ機能を充実させている。太陽光発電などの各種設備によって月々の光熱費を抑えやすい。光熱費の軽減と売電によって、経済的な余裕が生まれる可能性大だ。その上、間取りの変更を容易に行えるため、リフォームするコストを省きやすい。住宅の購入には、多大な資金を要するため、ランニングコストを意識して「casa sole(カーサ・ソーレ)」の建築・購入を検討しよう。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa sole

エネルギーを極力使わず、エネルギーを生み出し

永く暮らせるための今、もっともECOな家。