sole

ムリなく実現できる、エコな暮らしを営む「casa sole(カーサ・ソーレ)」

土や太陽の力を借りて自分で野菜を育ててみるように、太陽の恵みを借りて暮らすことができる家がある。今よりも自給自足の生活に近づいたエコな暮らしを営むことは、環境にも優しいことはもちろん自分や一緒に暮らす家族の心にも優しいはず。「casa sole(カーサ・ソーレ)」は、そんな理想的な生活をムリなく実現できる商品住宅である。

太陽の力を借りて暮らしに必要なエネルギーを作る

casa soleでは太陽光発電パネルとオール電化を標準装備する。地球環境に優しく、エコな暮らしを実現。太陽の光を最大限に活用して効率的に発電、ムダなく電気エネルギーに変換し、生活に必要な電気をほとんどまかなえるようになっている。

太陽光発電の電力を売電することで、一部自立運転の機能が搭載されていない機種があるものの、一般の家庭と比較して、売電で年間102,480円の収入を得ることが可能だ(※)。また停電時は、携帯電話の充電や冷蔵庫、TVが使える程度(最大1500w)の電力を確保することもできる。

※2.7kwの太陽光発電パネルを設置したcasa soleで生活する4人家族の実績(平成23年調べ)

ランニングコストをおさえる経済的な暮らし方

太陽光発電で電気をつくり、その上使う電気量が少ないとなると毎月の光熱費を大きくおさえることができるcasa sole。地球環境に長期的に負荷をかけ、多くの光熱費がかかる一般的な住宅と異なり、高断熱・高気密な家を追求し、売電がなくなっても光熱費は一般的な住宅に比べ3分の1と経済的。ランニングコストがかからず、将来的に長く快適な暮らしが実現できる。もちろん地球環境にも優しいのだ。

太陽光パネルと屋根が一体化したデザイン

屋根の傾斜角度を理想的な30度に設計されているので、太陽の光を最も効率的に取り込む。太陽光発電パネルを設置するとゴツゴツした印象になってしまいがちだが、主張しすぎず、屋根と一体化させたデザインなので、スマートな印象を与えてくれる。

 

太陽光発電パネルで発電し、売電できることはもちろん光熱費を一般的な住宅に比べ3分の1に。ランニングコストを抑えることができて経済的で、地球環境にも優しくエコ。スマートなデザインが優しい街並みも作り出す。「casa sole(カーサ・ソーレ)」は、家庭にも地球にも優しいエコな暮らしを営む、そんなライフスタイルをムリなく実現できる画期的な住宅なのだ。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa sole

エネルギーを極力使わず、エネルギーを生み出し

永く暮らせるための今、もっともECOな家。