carina

可愛くて個性的だけれども、快適な環境で生活できる「casa carina(カーサ・カリーナ)」。

かわいい南欧風の住宅「casa carina(カーサ・カリーナ)」は、そのかわいさやナチュラルな雰囲気に一目惚れして購入を決めたというご家族も多い。宮城県石巻市に「casa carina(カーサ・カリーナ)」を建てたCさん夫婦は、住宅情報誌やインターネットで家を探していたところ、「理想の住宅」として「casa carina(カーサ・カリーナ)」に出会ったそうだ。そんなCさん一家の暮らしを紹介したい。

木のぬくもりがある、あったかい理想の家「casa carina」

奥様のYさんが話す「あったかい家」として選ばれたcasa carina には、木の無垢材や漆喰の塗り壁が使われ、理想の家そのもの。床はもちろんのこと、リビングの壁や寝室の天井にも無垢材が使われ、木のぬくもりが伝わってくる。よりかわいいインテリアになっただけでなく、とても健康的な住まいにもなった。

また、漆喰を使っているので、調湿・調温効果で家の中の空気がとてもクリーンな印象だ。夏涼しく、冬に暖かいだけでなく、毎日を清々しい気持ちで過ごすことができる。高性能の窓を搭載していて、結露が少ないのも嬉しい。

メンテナンスという部分でも、無垢材や漆喰などナチュラルなマテリアルを使用しているので大きなメリットがある。

個性をアクセントとしてプラスする

もともと南欧風のかわいい家であるcasa carina だが、そこに住まう家族によって個性が出てくる。Cさん一家の場合は、casa carina のエクステリアからところどころに独自のセンスを垣間見ることができた。ブルーのフクロウやガスボンベの形の郵便受けが、白い壁と赤瓦のナチュラルな外観のアクセントになって、非常にユニーク。

玄関に入っても、ヨーロッパの街並みのカーテンや雑貨が絶妙にマッチする。

リビングなどに進むと、ナチュラルテイストな内装の中にアンティークとインダストリアルの中間のような装飾があり、インテリアとしての完成度も高い。ここまでトータルでコーディネートされているのも、casa carina だからできることだろう。

照明一つ一つがその空間の雰囲気に合わせられて、Cさん一家らしい雰囲気を作っている。

 

Cさん一家の個性が光る「casa carina(カーサ・カリーナ)」は、そのセンスの良さが、casa carina のかわいらしさにさらに磨きをかけていた。そして、非常に快適な生活を送っていて、側からみても理想的な住宅に思えてくる。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa carina

街も心も輝かせる、かわいくて、かしこい家

「こんな家に住みたい」をカタチにしました