casita

戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」での不動産投資がベストの選択である3つの理由。

老後のお金が心配だったり、本業の賃金に満足できないから別に収入が欲しかったり、または余っている土地の活用だったりと、様々な理由で不動産投資の世界に足を踏み入れる人は多い。だが実際のところは、不動産投資の成功本のように上手く行くのは稀だ。

では、どのような不動産投資の方法がベストなのか。その中の一つ、戸建の賃貸住宅で「casita(カシータ)」という住宅がベストな選択であると考える。

1.希少性が高く空室リスクが少ない

アパートやマンションなどの集合住宅は、人口が減少する日本の社会では将来的に供給過多の状態に陥るだろう。実際、地方での物件の空室率は上昇している。それに対して、戸建の賃貸住宅というのは、そもそもの供給数が絶対的に少ないので、非常に希少性が高い。また、戸建の物件があっても、中古でリフォームが必要な場合が多く魅力的なものが少ないのが現状だ。その中で長期優良住宅にも対応可能で高スペック、さらにデザイン性も高いcasita であれば、借り手もすぐに見つかる。空室リスクが低い状態で賃貸経営が始められるのだ。

2.家賃を高く設定でき、高い利回りが期待できる

戸建の賃貸住宅は希少性が高いため、家賃を強気で設定できる。さらに高めに設定された家賃であれば、入居者のクレジットも高い家庭が入居することが多い。そのため、安定的な家賃収入が見込める。

少ない自己資金から始められるcasita は、商品住宅として作られたため、都度に設計料がかからず、さらに全国の工務店ネットワークにより建材コストが抑えられているので、非常にコストパフォーマンスが優れている。また、ランニングコストやリフォームも安く済む。

以上の理由から、casita での賃貸経営は、高い利回りが期待できる。また、長期優良住宅であるため、様々な税制優遇を受けられることも嬉しい。

3.入居期間が長く稼働率が高い

希少性が高いので、入居者が決まり一度住み始めたら、転勤や大幅なライフスタイルの変化がない限り住み続けてくれることが多い。もちろんcasita 自体が高いクオリティでデザイン性も高く、機密性や断熱性が高く高性能であることも借り手が「住みたい」と思ってくれるポイントになっている。また、メンテナンス性も高いので、新築でないからと言っても、価値が暴落することはない。

 

結局は良いものが選ばれる。それは貸し手にとっても借り手にとっても同じだ。あなたが、これから不動産投資や賃貸経営を始めようとするなら、建賃貸住宅の「casita(カシータ)」は検討して欲しい方法の一つだ。

カシータ ジャーナル

カシータ ジャーナル

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。