japanarchitecture

東京・大手町に誕生したアマン初の都市型ラグジュアリーホテル「アマン東京」

2014年12月22日にオープンした、アマン初の都市型ホテルとなる「アマン東京」(AMAN TOKYO)。27件目となる「アマン東京」が位置するのは、意外にもオフィス街として知られる大手町だった。

同ホテルの設計を手がけたのは、建築家ケリー・ヒル氏。その土地の環境を大切にし、伝統文化の継承を尊ぶアマンの姿勢を貫き、日本の建築を随所に取り入れた空間演出となっている。

開放感あるロビーフロア

高層複合ビル「大手町タワー」の33階から38階部分。大都会の中で、ラグジュアリーなリゾートを体験できるというのだから驚きだ。

33階まで上がり、エレベーターを出ると開放感あるロビーフロアが広がっている。

思わず上を見上げてしまうこちらのフロアは、なんと高さ30m。周りは外と室内の間を取り持つ板張りで囲まれており、上部には白い障子が使われている日本らしさを感じるデザインだ。

天井部から温かい光が差し込み、フロア全体が明るく優しい雰囲気になっている。

中心には巨石の置かれた石庭と生け花を据えた池を設置。大都会東京にいながら、早くもその喧騒を忘れさせるような空間づくりに驚かされる。

和の趣を感じる極上の部屋

客室はスイートを含み、35階〜38階の4フロアに全84室。一般的なスタンダードルームにあたる「デラックスルーム」は、都内最大の71㎡の広さを誇る。

そのほか「プレミアルーム」(80㎡)、「デラックスパレスガーデンビュー」(71㎡)、「コーナースイート」(121㎡)、「スイート」(141㎡)、最も広い「アマンスイート」(157㎡)まで、全6種類の部屋がある。

目の前に広がるのは、外苑の森と東京の大パノラマ。緑溢れる自然と合わせて、東京の街並みを一望することができる。

室内には、和の趣を感じる木や和紙や石などの日本由来の建築素材を使用。縁側や障子、畳が取り入れられている点でも、どこか昔ながらの日本家屋らしい懐かしさを感じられ、部屋には優しい木の香りが広がっている。

また一方で、最新技術を駆使したテクノロジーを融合。伝統的な日本家屋のスタイルを取り入れている一方で、ビルトインのテレビや無線高速インターネットなどを備える。

木の香りが広がるバスルーム

日本らしさは、バスルームにも現れている。日本人には欠かせない「お風呂」は、ゆったり肩までお湯に浸かれる深めの浴槽を全室に完備。和の香りを取り入れ、和紙で包装されたオリジナルのアメニティも備え付けられている。

椅子や桶は伊勢神宮の木を使った宮大工の作り。腰掛けや桶からも優しい木の香りが香ってきて、思わず東京にいることを忘れてしまいそう。

大パノラマの絶景ロケーション

部屋の中央に位置したベッドは、文句なしに抜群の寝心地。目の前の大パノラマは夜になるとまた幻想的な雰囲気になるため、ぜひカーテンを開けて夜景を楽しんでほしい。枕元にあるコントロールで、カーテンの開け閉めが可能だ。

ベッドの奥に見えているのは、大きな書斎。広々としたスペースが設けられており、この素晴らしいロケーションの中では仕事もはかどるのではないだろうか。

東京でリゾートを感じられる場所

世界展開するアマングループが、初めて日本に進出した「アマン東京」。海外のリゾートホテルとは少し違う、大都会の中に創造された日本らしい落ち着きのあるリゾート感を感じられる唯一の場所のようにも感じられる。

ぜひ一度、足を運んでみてはいかがだろうか。

アマン東京

電話:03 5224 3333
URL:https://www.aman.com/ja-jp/resorts/aman-tokyo
住所:〒100-0004 東京都千代田区大手町1-5-6 大手町タワー

あべまなみ

あべまなみ

新潟県出身、横浜在住のフリーライター。中学時代にサックスを始め、自身もジャズを演奏することから、20歳のアメリカ留学時に単身でメンフィスとニューオーリンズへ。初めての一人旅で自分の可能性や新しい発見に出会える楽しさに気づき、その後「旅」にハマる。

2017年12月現在、渡航国は24カ国。好きなものはお酒といちご。

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。