casita

そのマイホーム購入ちょっと待った!あなたがインカム住宅として「casita」を建てるべき理由。

結婚したり、子供ができたり人生の節目で「マイホームを建てよう」という人も多いだろう。しかし、ちょっと冷静になって考えてみて欲しい。家賃を払うのがもったいない、広い家でのびのび暮らしたい、そう思うのは普通なことだが、そんな安易な考えならマイホームの購入はやめた方がいい。

どうせ建てるのであれば、戸建の賃貸住宅として、貸し手にも借り手にも人気の「casita(カシータ)」を建てるといいだろう。

2棟以上建てて賃貸として人に貸す

単純にマイホームが欲しいという話が、なぜ戸建の賃貸住宅を建てろ、という話になるのか疑問に思った人も多いだろう。簡単な話で、戸建賃貸住宅を2棟以上建てて、1棟は自分の家族で住み、他は賃貸として人に貸して、収入を生み出そうということだ。

ただ単に家を買うと、資産ではなく負債として残る。日本の住宅のほとんどは買った瞬間が一番価値が高くて、あとは急激に価値が目減りすることがほとんどだ。家を建てた1,2年後に半額の価値しかないこともザラである。何千万もかけて買ったのに、税金や維持費、金利などお金が沢山出て行ってしまう。

インカム住宅として資産になる戸建賃貸住宅「casita」

そこでインカム住宅として、戸建賃貸住宅のcasita の登場だ。

戸建賃貸として開発されたcasita は、戸建住宅としてデザイン性やスペック、機能性などクオリティが注文住宅並みに高く、住み手が十分に満足できる住宅である。であれば、1棟に自分で住んでしまってもいいのではないだろうか。住み手が満足できる家だから、自分が住む以外のcasita でも、すぐ借り手が見つかるハズだ。

casita は、負債ではなく十分に資産として活用できる住宅なのである。

確実にキャッシュを生む条件が揃っている

マイホームの話が、いつの間にか不動産投資や賃貸経営の話に飛躍しているように感じる人もいるかもしれない。だが、戸建賃貸住宅casita のオーナーになるのは、それほど難しい話ではない。

まず、casita は徹底したコスト管理により、イニシャルコストを抑えた設計になっていて、初期投資は少なくて住む。住宅ローンではなく、事業ローンとしてお金を借りることができるのが、健全でいい。

また、戸建の賃貸住宅というのは絶対的に供給数が少なく、希少性が高い。casita のクオリティの高さもあって借り手がすぐ見つかるから、空室リスクは少ない。マイホームが欲しいと思ったあなたのように戸建の住宅に住みたいというのは、日本人なら誰でも思うのだ。

 

非常に簡単に説明したが、考えるきっかけにはなっただろうか。どうせ、戸建住宅に住むのであれば、負債ではなく資産を手に入れて、お金の心配をすることなく豊かに生活して欲しい。そんなあなたの資産になるのが戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」だ。

カシータ ジャーナル

カシータ ジャーナル

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。