rozzo

外観やインテリアに合った家具がコーディネートできる「casa rozzo(カーサ・ロッツォ)」

マイホームを建てる場合、外観、インテリア、家具のコーディネートをどうするかが悩みどころになってくるかもしれない。外観が美しくても、インテリアがミスマッチだと何となくちぐはぐな印象になってしまう。「casa rozzo(カーサ・ロッツォ)」は、外観からインテリア、家具までをトータルでコーディネートできる住宅だ。こういった家なら、インテリアに詳しくない人でも安心して施工がしやすい。

5種類のスタイルから選べるcasa rozzo

casa rozzo は、5種類のスタイルから好きなタイプを選ぶことが可能だ。例えば、クラシッカスタイルは、濃いブラウンの木材やレンガを使った重厚感のあるインテリアが特徴だ。このスタイルは正統派の暮らしがテーマになっており、インテリアにも古き良き時代を彷彿させる落ち着きが感じられる。モンターニャスタイルは、アウトドアなどを楽しむアクティブなライフスタイルがテーマになったパッケージだ。床には温かみのある質感の木材が取り入れられており、明るくリラックスできる雰囲気がこのスタイルの持ち味になっている。

このほか、解放感のあるグランデブルスタイルやカントリー調のヴィッラスタイル、都会的な雰囲気のウルバーナスタイルなどが用意されている。

スタイルに合った雑貨や家具がセレクトできる

casa rozzo の場合、スタイルにマッチする家具や雑貨がセレクトできる。例えば、都会的なウルバーナのスタイルを選んだときには、モノトーンの家具や雑貨をコーディネートしてシンプルでスタイリッシュなインテリアに仕上げられる。カントリー調のヴィッラスタイルの場合は、ウッド調の家具や雑貨でナチュラルな雰囲気を演出することが可能だ。テーブルなどの家具はオプションだが、パッケージで購入をしておけば施工した後に自分であらためて用意をする必要はない。入居してすぐに快適な生活がスタートできるところは、casa rozzo の大きな魅力と言える。

外観のデザインや間取りは統一されているのでコーディネートしやすい

casa rozzo の外観や間取りは、どのスタイルも同じデザインに統一されている。この住宅の場合、1階には一間続きのダイニングルームとキッチン、バスルームやトイレなどが設けられている。2階は、子供部屋などに使える数室の部屋が用意されたフロアだ。建物の壁はホワイトで、グレーのタイルを敷き詰めた玄関ポーチとブラウンの木を使ったドアがアクセントになっている。全く同じデザインの外観や間取りでも、スタイルによってガラリと雰囲気が変わるところはカーサ・ロッツォならではだ。

casa rozzo は自分らしい家が実現する住宅

5つのスタイルから選んでコーディネートをしてもらえる「casa rozzo(カーサ・ロッツォ)」は、自分らしい家をつくりたい人にとっても魅力的かもしれない。家のイメージがまだ決まっていない場合でも、5つのスタイルから選べれば施工がスムーズに進む可能性がある。統一感のある家づくりを希望するときにも、検討してみる価値があるだろう。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa rozzo

シンプルな美しさの中に”あなたらしさ”が宿る家。

「simple but yours」住む人”らしさ”が、この家の主役です。