design

シンプルで上質な暮らしを2人だけで営むためのコンパクトな平屋を建築家・松浦伸一郎が手掛けた。

「2人暮らしにちょうどいい空間を」。ご夫婦2人で住まうにはスペースを余らせてしまいがちな一軒家。最小限の空間で無駄なく心地よく住まいたい。そんなオーナーの想いを元に建築家・松浦伸一郎が建てたのは、2人の暮らしに合わせてコンパクトにまとめられた平屋でした。

開かれた土地に馴染む、シンプルながらこだわりのデザイン

高い建物がなく山に囲まれた開放感のある空間に建てられた平屋の住宅。周りにビルや大きな建物がないので平屋でも日当たりに困りません。コンパクトな平屋であるだけでなく、デザインもシンプルでありながらミニマルなので住宅街の中でも際立って見えますね。

白い外壁と、切り抜かれたようなスペースの影がコントラストになりモダンな印象を与えます。夜は一変して、切り抜かれた壁から溢れる明かりが印象的な外観に変化します。

無駄のない最小限のリビング

玄関を上がると現れる木のフローリングが気持ちいいダイニングスペース。無駄のない空間の作り方は、暮らしやすい家づくりの基本とも言えます。

壁を一部抜いて変形にすることでシンプルになりすぎず、アクセントを加えておしゃれな印象に。視線は上手く遮りながらも2人の気配はお互いに伝わるような効果が期待できます。ところどころ抜かれた四角形のニッチはインテリアのアクセントになる上、ポプリや小物を置くスペースとして利用できます。

インテリアに溶け込む収納スペース

隣接するリビングの 近くにはクローゼットを2点配置。一方の壁面にブルーを用いることでシンプルながらもぼやけず、インテリアのアクセントになって空間を引き締めます。

フレキシブルに使える収納は、実際に生活していると嬉しいもの。壁で完全に区切るのではなく、敢えて壁の上下を抜くことで、リビングに面していても空間に圧迫感を与えません。

クローゼットの奥に続く空間にはバスルームと洗面台を配置。それほど広くない空間の区切りが難しい平屋でも、エントランスから離れた位置は出入りが少なく、落ち着いたプライベートなスペースとして活用できます。コンパクトにまとまった水回りは使い勝手も良いのです。

2人でも平屋で暮らすという選択

必要な空間と、最低限の収納で過不足のない不自由のない居住空間ができあがりました。日々の生活を豊かに暮らしながらコンパクトに楽しめる、2人のためだけの永くゆったりと過ごせる平屋住宅でした。

構造:木造/規模:地上1階/敷地面積:308.80㎡/延床面積:70.38㎡

榎本綾

榎本綾

新しいものよりヴィンテージに惹かれます。

建築家は坂茂が好き。

design casa

建築家と建てる家。

家族のライフスタイルを尊重した、

家族のための「特別な住まい」をつくりあげます。