design

晴れの少ない地域に建てられた光を家族のもとへ届ける「浮かんだ家」

晴れの少ない地域で「いかに開放的にするか」を考え抜いた新築住宅。そこにあるのは、これからの家づくりにも活かせる「採光の仕掛けデザイン」が輝いていた。カーテンの要らないくらいに「光溢れる空間」と個性溢れるオリジナルデザイン、遊び心が煌く1戸を早速見にいこう。

白い外観と大きな窓が印象的な「光とともに暮らす家」

新潟県長岡市に今回建設された一戸建ての住宅は、積雪の多い田舎町に美しく馴染む真っ白の外観が印象的だ。広々とした屋根付きガレージは、積雪が多く、晴れが少ない地域性への対策も抜群。晴れた日にはそのスペースでBBQや餅つきなどのイベントだって思いっきり楽しめる。贅沢に設けられた2階の窓からはたっぷり太陽が家中に差し込むための一番のこだわりだ。

太陽の光で家中が包まれる仕掛けづくり

今回の住宅で最も目を引いた1つは、2階からの採光を1階にも巡らせるための様々な仕掛けだ。敢えて天井を壁で隔てず、アクセントとしても美しい透け感ある木質のデザインは、隙間から注がれる採光が木漏れ日のように柔らかく、心地よさを導く。

あえてダイニングスペースを排除した2階リビング

最も太陽の光が入る2階の窓側には、大開口でつなぐリビングキッチンを配置し、あえてダイニングスペースを排除した。 キッチンで料理する人、リビングでくつろぐ人、さらにはカウンターで作業する人…様々な個々の生活を共有できるメインスペースだ。贅沢に壁に取り付けた窓は、1階にあると外からの視線が気になってしまうが、2階にあることでその必要もなくなる。ブルーグレーのアクセントカラーの内装もお洒落な雰囲気を引き立てている。

ワクワクする「一癖」が楽しい1階フロア

子供部屋の前には「うんてい」を備え付けられていたり、玄関を入ってすぐの場所には「バイク専用のガレージ」が設置されている1階。家族構成や趣味に合わせ「その人らしさの暮らしを表現した」設計は、自由設計だからこそできる魅力だろう。

子供部屋には、ロフト付きの設計が開放感ある空間に

「うんてい」を渡った先にある子供部屋を開け、中に入ると見上げてしまうほど開放的な「勾配天井」が私たちを出迎えてくれる。上部に設置したロフトは、子供たちの大好きな「秘密基地」として喜ぶ顔も容易に想像できるだろう。比較的小さな床面積でも縦に高い部屋は窮屈さを感じないのも嬉しいポイントだ。

穏やかに、柔らかに。家族の絆を育む暮らしづくり

晴れが少なく積雪の多い地域、さらに立地は角地という中でも、そのデメリットを上手く味方につけオリジナリティと知恵、技術溢れる邸宅を作り上げた今回の一戸建て。家だけでなく、オーダーメイド家具にもこだわったことで、より一層の個性を引き立てている。家族ひとりひとりの好みや「嬉しいこと」に目を向けながら「楽しむデザイン」と「家族の絆」を大切にした1戸を参考にしてみては?

 

所在地:新潟県長岡市/構造:木造/規模:地上2階/建築面積:101.02㎡ 延床面積:110.95㎡

くるみ

くるみ

グラフィック/ウェブデザイナー兼ライター。ニッチでコアな音楽ディストロレーベル ano records を主宰。スーツケース1つで突然移住してしまう癖がある。(アメリカ3ヶ月・オーストラリア1年・石垣島半年)

目指すは、海外ノマドワーカー。暮らしながら世界一周。いつもワクワクの向かう先へ!

design casa

建築家と建てる家。

家族のライフスタイルを尊重した、

家族のための「特別な住まい」をつくりあげます。