realestate

インカム住宅なら住宅ローンよりお得になるかも!事業ローンが選択できる可能性も!

マイホームの購入を考えるときに、切っても切り離せないのが住宅ローンだ。しかし住宅ローンは何かと負担が大きい。結婚、子育てとお金のかかる時期にも払い続けなければならないので、先の見えない負担がのしかかってくる。そんな時に住宅ローンの負担軽減となるインカム住宅を選択肢に入れるといいだろう。今後ますます増えていくインカム住宅の魅力について紹介する。

インカム住宅とは!?

インカム住宅とは、マイホームと合わせて賃貸物件を購入することである。マイホームを持ちながら、一方で賃貸物件を貸し出して利益を得る、いわゆる不動産投資ができる。普通の会社員が不動産経営をするとなると尻込みする人も多いが、インカム住宅はアパートやマンション経営よりも手軽に始められてメリットも大きい。

インカム住宅のメリット、リスクについて考える

マイホームを購入すると当然毎月ローンの支払いが生じる。インカム住宅なら、賃貸物件で得た収入をローンの支払いに充てることが出来るうえ、さらにプラスの収入も期待できる。インカム住宅は一般的なマイホーム購入とは勝手が違ってくるため、住宅ローンではなく事業ローンを組むことになるだろう。事業ローンは一般的に住宅ローンよりも金利が安いことが多く、審査も通りやすいと言われている。

リスクとしては、空室になり収入がなくなることだ。しかし、デザイン性、機能性に優れた賃貸住宅なら、空き部屋が出ても空白期間を待たずにすぐに入居者は現れる。不動産業者もクオリティの高い人気物件は自信をもって顧客に勧めるのである。そして大抵の場合、そういった住宅は一つの世帯が長期間入居してくれることが多い。

マイホーム購入前ならインカム住宅を視野に入れるべき

マイホームを購入すると、事前に計算していた額よりも多く掛かるケースがほとんどだ。保険や税金だけでなく、家の修繕、改装などもある。インカム住宅なら、収益の得られる賃貸住宅も同時に購入することで継続してローン返済分、またはそれ以上の収入が得られる。家族のための急な出費にも耐えられ、暮らしにゆとりが持てるだろう。機能性の高い賃貸物件を購入することで、たとえ多少高めの家賃設定にしても、魅力を感じて入居する富裕層も多いのである。インカム住宅はマイホーム購入の際に視野に入れるべき住宅の一つである。

マイホームを住宅ローンで購入せず、インカム住宅を事業ローンで購入するのがお勧め

一生のうちでもっとも大きな買い物であるマイホーム購入。どうせならインカム住宅にして事業ローンを組んで同時に不動産運営をするのが賢い選択だろう。住宅ローンを組んだことで負担が大きくなり、思うように貯蓄が出来ない、仕事を増やさなければならない家庭も存在する。インカム住宅で、賃貸物件に働かせて収入を得れば、そのような心配は少なくなる。マイホーム購入前なら、インカム住宅を考える最大のチャンスである。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。