housebuilding

自己資金を考慮しながら頭金や住宅ローンを上手に支払ってマイホームを購入しよう!

マイホームの購入を検討している人の中には、家族のライフスタイルに合わせた住宅にしたいという人も多いのではないだろうか。しかし、理想的なマイホームにしたい事を優先してつい無理な予算を組んでしまうとせっかく建てた新居に住んでもその後の生活が苦しくなる可能性もある。そこで注目されるのが資金計画であるが、資金計画には様々な考え方があり、それぞれの考え方に特徴やメリットがある。

建てる住宅の総費用を確認してから資金計画を立てるメリットや注意点

資金計画を立てる際、どのようにして資金を集めて、それをどうやって運用していくのかが大切になってくると言える。資金計画の考え方としては大きく分けて2つあるが、一つが理想とする住宅の総費用をチェックしてから資金計画を立てる事だ。この考え方は、その人のライフスタイルに合わせた快適なマイホームを建てやすいというメリットがある。ただし、希望通りの住宅を建てようとするとかなりの費用がかかる可能性が高くなるのでその点は注意が必要だ。また頭金がある程度用意できないと毎月の返済が苦しくなるリスクもあるので、貯金がある程度ある人に最適な考え方なのかもしれない。

用意できる資金を決めてから建てる住宅の資金計画を立てるメリットやリスク

もう一つ資金計画の考え方としてあるのが、用意できる資金を決めてから建てる住宅の資金計画を立てるという事だ。この場合は、用意できる費用を考慮した上で資金計画を練るので、予算オーバーになるという事がなく、住宅ローンも計画的に無理なく返済しやすいというメリットがある。しかしこの場合は、希望に沿った住宅が建てづらいといったリスクもある。2つの資金計画の考え方にはそれぞれ特徴があるが、最も大切なのは、無理のない範囲で資金計画を立てるという事である。

引越しした後の生活などを考えながら頭金を決める事が大切

住宅購入の場合、一般的には初めに住宅ローンを組み、頭金を支払ってから、ローン返済する事になる。もちろん頭金の支払いが多いほど、住宅ローン返済の負担は軽減されるので、最初にどれくらいの資金が用意できるのかなどあらゆる可能性を探る事が重要だ。しかし、自己資金の多くを頭金として使ってしまうと、せっかく新しい住宅に引っ越しても生活費が残っていないという可能性もある。生活費などの諸費用を別に考えた上で、頭金の金額を決めていくのが良いと言える。

資金計画を上手く立てる事ができれば、新しい住宅での快適な生活にも繋がる

住宅を建てる際、資金計画を上手く行わないとローン返済が苦しくなる可能性もあるので注意が必要だ。資金計画は住宅購入における見積もりの詳細を把握し、どのような資金集めが可能なのかを慎重に検討する事が重要になってくると言える。自身の経済力の範囲内で計画的に毎月の住宅ローン返済ができれば不安なく生活ができ、新しく建てたマイホームでの生活も快適なものになる事であろう。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

design casa

建築家と建てる家。

家族のライフスタイルを尊重した、

家族のための「特別な住まい」をつくりあげます。