realestate

賃貸経営で土地活用するにはマンション購入やアパート経営の他に戸建賃貸住宅という方法も!

建物を賃貸して、利益を上げる方法は、アパート経営やワンルームマンションを購入して、それを賃貸にあてるという手段がある、しかしその方法では資金に余裕が無いと賃貸用住宅を取得することすらできない。だがしかし、他にも方法がある、それは相続などで余分な住宅を賃貸に回す方法だ。また、あらかじめ3階建てに自宅を新築して、1階、2階を賃貸に回す方法もある。

賃貸経営で賃料収入を得る方法

土地活用のひとつとして、都市部で流行っているのがワンルームマンションを購入して、賃料収入を得る方法だ、しかしワンルームマンションが建っている場所は大都市が多く、必然的に購入資金は高額になり、古いワンルームマンションといえども人気のあるマンションはおいそれとは購入できなくなっている。アパート経営は、そもそも資金の他に余っている土地が必要で、都心部では難しく、必然的に地方で土地や資金に余裕のある人が行う事が多い手段である。

余分な資金の無い一般の人はたまたま相続によって空き家を取得した時にそれを他人に貸すか、転勤時に空家を貸すことくらいしか賃貸経営の手段は考えられなかった。しかしここにきて戸建賃貸住宅という手段が考えられるようになった。これは簡単に言うと一戸建てを賃貸用に作る事である。または地方都市の一戸建てを購入してそれを賃貸に回すこともある。

戸建賃貸住宅での賃貸経営という新しい方法

一般の人が、住宅を賃貸経営することは、先程ふれたとおり相続か、転勤の場合くらいしかなかった。相続の場合は、空家が賃貸に出せるような物ではなかったり、転勤のうちに貸し出すと、戻ってきた時に借主に家をなかなか返して貰えないことがあり、民法では借主の権利が保証されていることもあって、裁判沙汰になる事もあった。

しかしここへきて、一般の人にも有効な土地活用の方法が考えられるようになった。それが戸建賃貸住宅と呼ばれるものである。これは、自宅を新築又は改築する時に、あらかじめ人に自宅の一部を賃貸することを前提として自宅を建てるのである。例を挙げると、3階を自宅、1階と2階をそれぞれ賃貸に回すようにすると、2軒分の賃料が入ってくる。それをローンの返済にあてると、返済が非常に楽になる。

住宅ローンではなく事業用ローンも使える

賃貸目的で住宅を建てると事業ローン扱いになる。住宅ローンでは毎月10万円返済しなければならないところ、事業ローンでは、自宅の一部を賃貸に出すための費用が余計に掛かるとしても、毎月事業ローンを20万円返済する場合、戸建賃貸住宅に2軒分回すとしてそれぞれの賃料が8万円にすれば合計16万円、自分で払わなければならない費用は4万円のみ、6万円も毎月の返済が減る事となる。

土地を相続した時の土地活用として、3階建ての住宅を建てて、3世帯に貸せば費用を先程と同じと考えると、賃料は24万円、ローンは20万円として4万円収入がある事になる。固定資産税やメンテナンス等で一概には言えないが、損をする事はなくなるであろう。まさに賃貸経営となりうる。

戸建賃貸住宅のメリットとデメリット

戸建て住宅の賃貸にも良い事ばかりではない。賃借人が同じ屋根の下で暮すという事は大家と借主の距離が非常に近いという事になる。借主同士、あるいは大家と借主の間でトラブルが発生すると、同じ敷地に暮らしているだけに非常に心苦しいものがある。しかし、ローンを賃料でまかなえることは非常に魅力でもある。メリットとデメリット、両方存在することをわきまえて上手に賃貸経営することが肝心だ。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。