cago

「casa cago(カーサ・カーゴ)」でかなえる!憧れの平屋でのシンプルな暮らし

特に若い世代を中心に、必要最小限の物だけで暮らすミニマリストが増えているという。本当に必要な物を厳選することで、精神的に豊かな生活が送れるという考え方だ。そんなミニマルなライフスタイルを住居で実現したのが「casa cago(カーサ・カーゴ)」である。無駄なスペースを排除し、必要な部屋だけを組み合わせてつくる家。シンプルな生活を求める方にとっては、耳寄りな情報だろう。

日本人が使いやすい6畳単位の空間

casa cago は、6畳のカーゴを必要な数だけ組み合わせて家を構成している。家族の人数や立地条件、ライフスタイルなどに応じて、組み合わせ方はさまざまだ。1つのカーゴを子供部屋や寝室にしたり、2つのカーゴを並べてダイニングキッチンにしたりなど、アイデア次第で快適な居住空間をつくることができる。住居の他にも、庭にカーゴを1つ設置して、離れや収納スペースとして利用する方法も考えられる。夫婦2人だけの世帯など、タイニーハウスを希望する方にもcasa cago は最適だろう。

統一感のある美しいデザイン

casa cago は、どんな場所に建てても違和感なく調和しやすい。モダンで洗練された外観でありながら、自然素材を用いて温かさを加えているからだ。6畳単位で構成されていることも、バランスよくまとまる理由の一つだろう。さらには、柱から梁、建具、各パーツに至るまですべてを規格化し、統一感のある美しい空間を生み出している。過剰な装飾やデザインを省いた、あくまでもシンプルなデザインなのだ。そのため、住人の好みのテイストに部屋をコーディネートしやすいという利点がある。

高品質なのに低コスト

casa cago なら、コストを抑えつつクオリティの高い家づくりが可能だ。平屋を受注生産するのではなく、規格化したことにより、高品質な資材を安く提供できるのだという。また、カーゴの設計はもちろん、建具や各パーツなどを独自で開発している。自社で生産して管理しているため、質の高い商品をより安く提供できるのだ。金銭的な理由からマイホームの購入を諦めていた方でも、casa cago なら手が届くかもしれない。

安心の耐震性と耐久性

日本は、自然災害が多い国として知られている。その点平屋構造のcasa cagoは、耐震性と耐久性に優れているという特徴を持つ。6畳のカーゴが1つ1つ独立した構成なので、地震による揺れをうまく分散させることができるのだ。事実、「耐震等級」「劣化対策等級」の最高ランクを獲得した実績を持っている。また、屋根が低い平屋は、住人自身でメンテナンスが可能であり、定期的にメンテナンスすることで家を長持ちさせることができるだろう。

casa cago(カーサ・カーゴ)なら理想の住まいが手に入る

「casa cago(カーサ・カーゴ)」は、6畳のカーゴを組み合わせてつくる平屋なので、家族にとって本当に必要な部屋だけを選ぶことができる。必要のない部屋を無駄につくることなく、それぞれの家庭のニーズに合わせて最小限の家づくりをかなえてくれるのだ。また、コストを抑えつつ高品質な家を購入できることも魅力といえる。ミニマルな家を望む方は、候補の一つとして検討してみるとよいだろう。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa cago

日本人に馴染みある6畳の組み合わせで

お客様が必要な形

必要な部屋数でつくる家