realestate

事業ローンを活用して一戸建ての賃貸物件で不動産投資をする。

一戸建ての賃貸をすることにこだわりを持って不動産投資をする場合には、いかにして投下した資金を回収できるようにするかが重要だ。どんな方法を選べば一戸建てを使って大きな資産形成をすることができるのだろうか。ここでは合理性が高い方法を紹介し、さらにその方法を実現する際の事業ローンの有用性について説明する。

一戸建てで資産形成をするのに必要なこととは!?

戸建賃貸住宅の経営をして大きな資産形成をするためには、一戸建てを一つだけ賃貸経営するのでは十分ではない。一戸建てで受け入れられるのは一家庭だけというのが基本で、収益的にうまく区分しても二家庭か三家庭程度というのが普通だ。家賃を請求できる世帯数が少ないことを考えると、一戸建てにこだわって資産形成にもつながる不動産投資をしようと考えた場合、戸数を増やすことが必要になる。できるだけ多くの一戸建てを各地に建設して賃貸経営するという考え方が必要と言えるだろう。

ローンの選択が実は難しい

不動産投資をするときには多くの場合ローンを組むことになるが、その際に使えるローン商品は限られている。一戸建てと言うとマイホームを建てる時に使う住宅ローンを思い浮かべるが、住宅ローンは自分が住むための家を手に入れるときに使えるローンになるため、事業目的では使えないのが原則だ。金融機関によっては不動産投資ローンを用意しているので、賃貸経営をするときには魅力的な選択肢になる。しかし、一戸建てを建てるとなると返済に苦労するのではないかと考えられてしまい、マンションを建てるべきだと言われたり、マンションやアパートの購入を勧められるなど交渉が難航しがちである。この際に事業ローンを選べば問題は発生せず、賃貸経営を事業として行いたいからお金を貸して欲しいという形にすればスムーズにローンを組むことが可能だ。

事業規模になるので事業ローンを使うのが基本

戸建賃貸住宅を多数建てて運用するとなると、基本的には不動産経営が事業規模になる。この場合には不動産投資ローンなどの事業ローンを使わなければならない。事業計画さえしっかりとしていれば何十軒もの一戸建てを建てて経営することもできるので、一戸建てにこだわって不動産投資をしたいときには事業ローンの活用を前向きに検討するのがおすすめだ。

事業ローンを使って事業規模の不動産投資をしよう

一戸建てを賃貸経営して利益を得ようとしても、一戸あたりの収入はあまり大きくならない。多数の一戸建てを用意して賃貸経営をすることを考え、事業規模で不動産投資をしようという発想を持つのが重要だ。その際には事業ローンを活用するのが確実な方法で、事業計画をしっかりと立てれば大きなローンを組むことも可能である。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。