carina

機能性の高いかわいい南欧風住宅「casa carina(カーサ・カリーナ)」とは!?

住宅選びは、人生の中で最も重要なイベントの1つである。ただ自分に合った住宅を選ぶというのはとても大変な作業かもしれない。どうせ選ぶなら、時間が経つほどに愛着が深くなる住宅を選びたいものである。南欧の邸宅をイメージした「casa carina(カーサ・カリーナ)」は、外見の温かい雰囲気や優れた機能性で多くのファンを取り込んでいる。果たして「casa carina(カーサ・カリーナ)」とはどのような住宅なのだろうか。

こだわりぬいたデザイン性

casa carina とは、南欧の邸宅をイメージした商品住宅のことである。casa carina では無垢材や漆喰、テラコッタを使った自然素材にこだわった住宅を提供している。家の外壁は明るい色をベースとし、南欧のテイストを随所に取り入れたデザインをセールスポイントとしている。そのため、住宅全体に温かみを感じ、それを気に入って購入する人も少なくないのだ。住宅の中も白い壁を基調としているが、汚れを気にする人も多い。そこでcasa carina は、壁に紫外線と反応して汚れを分解するスイス漆喰を取り入れている。こうして壁の白さが保たれ、いつまでも明るい雰囲気を出してくれるのだ。

住みやすさと機能性

casa carina の特徴の1つに、高断熱と機密性を高めていることが挙げられる。通常よりもひと回り厚い樹脂サッシを取り入れて、一般のアルミサッシよりも高い断熱性能を生み出している。この結果、結露を防ぎカビの発生を抑えているのだ。さらに高断熱でハイスペックの玄関ドアを使用し、外気の温度を室内に伝えず、また室内の温度を外に逃がさないようにしている。断熱性の優れた住宅に仕上げることで、夏は涼しく冬は暖かいという、とても住みやすい住宅となっているのだ。このようにcasa carina は見た目だけではなく、機能性にもこだわりを見せている。

ハイクオリティの住宅

1つの住宅に住み続けていると、どうしても気になるのが臭いの問題だ。特にペットを飼っている家庭では、臭いを気にする人も少なくない。casa carina では壁などにスイス漆喰を採用し、有害な化学物質を吸収分解させ、カビやウィルスの増殖を抑え嫌な臭いも分解させている。さらに無垢の木と同等以上の優れた調湿作用を持っている。そのため、空気が乾燥しているときは水分を放出して適度な湿度を保ち、湿度が高いときは水分を吸収してカラッとした空気にしてくれる。この効果は人の健康にも良い影響を与え、まさにハイクオリティの住宅となっているのだ。

長く住むほど愛着がわく住宅

「casa carina(カーサ・カリーナ)」のデザイン性を気に入って購入した人が多いが、実際に住んでみると、その優れた機能性に改めて高評価を出す人が多い。断熱性に優れ、有害物質を分解する機能を有するので、住みやすく体にも優しい住宅であることを実感できる。長く住むほどに家に守られていると感じることができ、さらに愛着がわくだろう。これからも「casa carina(カーサ・カリーナ)」に注目だ。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa carina

街も心も輝かせる、かわいくて、かしこい家

「こんな家に住みたい」をカタチにしました