skip

無駄を省いて効率良く空間を使うスキップフロア住宅「casa skip(カーサ・スキップ)」

マイホームを建てて効率良く使えるように建てるためには、なんといっても無駄を省くことが大きなポイントと言えるだろう。家を丸ごと使おうとしたときに、床下や天井の上などには余剰空間があるが、そこを上手く使えたらいいな、と思う人も多い。そんな観点から見てもスキップフロアの住宅というのは魅力的だ。

外は凸凹しない、中は凸凹する「casa skip(カーサ・スキップ)」

casa skip では、通常無駄になっている場所もすべて使うような仕組みがとられている。床下に部屋をつくることによって高さを作り出すことができ、その分シューズクローゼットやアウターストレージ、寝室を作ることも可能であり、屋上にルーフデッキを作ることも可能だ。近年では都会のような狭い空間や、高さに制限のある土地が多く見られるが、casa skip であれば制限区域の中で2階建てを建設することもできる。床面積には限りがありますが、家を丸ごと使い切ることによって、広さの問題は簡単に解決につながる。

無駄のない家づくりをすることによって、心の豊かさにも使われます。ぎりぎりまで無駄をなくすことのできる設計は、機能美や強さを緻密に計算した上での究極のデザイン性を兼ね備えているといえるだろう。室内はそれぞれのフロアが凸凹にリンクしているので、想像以上の広さを味わうことができる。外は凸凹していないけれども中は凸凹する、広く空間を使うことができることがcasa skipの大きな特徴だ。

フロアを交互に連続させるスキップフロア

通常であれば普通の2階建て住宅には、使われていないスペースが多く存在する。それをスキップフロアにして無駄なスペースをなくすことで、より広い空間を確保することにつながる。スキップフロアはフロアの高さを半階分ずつずらして交互に連続させる建築方法のことを指す。フロアには高低差が生じるが、実際の床面積よりも広く感じられて、壁や扉をつけなくても空間を仕切ることが可能。階段を一段上げるだけで見える景色はがらりと変わる。日常的に新鮮な驚きや発見をもたらすことができるスキップフロアは、人生の眺めも変えることにつながるかもしれない。

広く感じることには理由があり、一般的に2階建ての住宅は壁で視線をさえぎられている。しかし壁のないcasa skipを取り入れることによって、視線は上下斜めに抜けることになるので、実際の面積よりも室内が広く感じられることになる。壁でスペースが閉ざされることもないので、常に家族と一緒の空間で生活することができる。

 

たとえ家族一人一人が思い思いに過ごしていたとしても、お互いの存在を感じることができ、一声かければ全員に声が届く。「casa skip(カーサ・スキップ)」心地の良い距離感が家族の心をつなぐ。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa skip

高低差のあるフロアを交互につなげたスキップフロアの家。

シンプルな外観の中に日常を楽しむ工夫がギュッと凝縮。

広々と心地よく暮らせます。