casita

戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」で不動産投資を始めよう!

「老後のためのお金を蓄えておきたい!」「会社の給料が良くないから副業したい!」、本業で得られる収入が十分でないため不安を感じているなどを理由に不動産投資に興味を持っている人も多い。不動産投資を検討している場合は、戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」がオススメ。

空室リスクが少ない戸建賃貸住宅

戸建賃貸住宅の中でもcasita が優れている点はいくつかある。一つ目は希少性があるので空室になることが少ないということ。日本は少子高齢化社会であり人口が減っていくと考えられているため、今後マンションやアパートなどといった集合住宅は供給過多となってしまうことが予想される。一方で戸建賃貸住宅の場合はもともとの数が全体的にみて少ない傾向にあり、希少性が高くなっている。戸建て住宅だからといってリフォームを必要とする中古の物件の場合は、魅力が少なくなってしまうのでその分需要も低い傾向がある。

一方でcasita は、デザインがお洒落でなおかつスペックが高い。長期優良住宅にもしっかりと対応することができるので、非常に魅力的。借りる人がたくさんいるので安心できるだろう。空室となるリスクが少なく、賃貸経営をしやすいので不動産投資にもおすすめだ。

強気の家賃設定が可能

二つ目は家賃を高値に設定することができ、利回りを高い基準できるということが挙げられる。戸建賃貸住宅は、希少性が高いのでその分強気で家賃を決めることが可能だ。高価格帯に設定することで、ある程度経済的に安定している人が入居するようになり、安定した家賃収入を得ることができる。casita は自己資金が少なくても始められるという特徴があり、建材費用が抑えられているので初心者でも気軽に始めやすい。コストパフォーマンスが良く、リフォームや維持費も比較的安く済ませることが可能だ。

優れた稼働率を実現

三つ目は、入居する期間が比較的長く、稼働率に優れているということ。入居者の中には様々な理由ですぐに退去してしまう人もいる。しかしカシータの場合は希少性の高い物件なので、借り手が転勤などの大きな環境の変化がない場合は基本的には手放すことは少ない。多くの人に住みたいと感じてもらえるように質を高めたりデザイン性を出したりと様々な工夫がされているので、一度入居したらそのままずっと住み続けるといったケースが多い。新築ではない場合でも、メンテナンス性が高く、コストをかけずに管理することができ、急激に価値が下がるということがない。

 

このように「casita(カシータ)」は、貸し手だけでなく、借り手にも様々なメリットがあるということが大きな特徴。そのため不動産投資にも適していると言えるだろう。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。